覆い

全て 動詞 名詞
6,358 の用例 (0.02 秒)
  • 死は既にこの病室の窓にさし入るかげのように愛子の顔を覆いはじめていた。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • 父はまだ帰ってきていないらしく、そのお膳にはおおいがしてあった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • あたりをおおはじめたどこかデリケートな空気にえられなくなってそう提案ていあんした。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 雲におおい隠されたままの空の代わりに、無数の星が地上に散らばっている。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 水は一五〇日の間地の表を覆い、さらに一五〇日を経てようやく減りはじめた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 俺は胸の内を見透かされた気恥ずかしさを苦笑で覆い隠して軽口を返した。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 幸いだったのは空を雲がおおい、暑さがそれほどでもなかったことだ。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • そしてその紙片かみきれを読んでいられた聖書の表書ひょうしと覆いの間に隠された。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 口を手でおおい、まゆをぎゅっと寄せて何かを我慢がまんするような顔を作る。 来楽零『ロミオの災難』より引用
  • あとは穴の天井に雨除けの覆いをして、新しい年を迎えることとなる。 小泉英政『みみず物語 2』より引用
  • ローブをたくし上げて鼻を覆いながら、二人は小部屋の戸をそっと叩いた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 一定の間隔かんかくで回転灯の光が視界をおおい、アサトの小さな体がかげになる。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 騎士たちはたてで頭をおおいながら、飛んでくる矢から身を守っている。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 月が、暗い雲の波で月を覆いかくす雲海に、力ない戦いをいどんでいる。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 陽が落ちて薄闇が新兵衛店を覆い始めると、永吉は豆腐を手桶に移した。 山本一力『あかね空』より引用
  • 二本のマストのあいだには、覆いをつけた船室のような部分が見える。 片岡義男『波乗りの島』より引用
  • それでも月の姿を人の目から覆い隠すだけの厚みと質量を持っている。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • さらにそこから天へ向かって上昇し、午後七時すぎの青空を覆い尽くした。 吉村達也『ワンナイトミステリー6 「シアトルの魔神」殺人事件』より引用
  • それは、死んだ息子の上に覆いかぶさる母親のような激しさだったわ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 暴動が雷雲のように私たちの上に覆いかかっていることは明かだった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 次へ »