覆い隠す

287 の用例 (0.00 秒)
  • しかしそれはしばしば集団の強烈な同一化によって覆い隠されてしまう。 今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』より引用
  • しかし序盤では内面の不安を覆い隠す手段としてそうしていた節がある。
  • そしてそれも、琴江の死と同じように覆い隠されねばならなかったろう。 宮部みゆき『孤宿の人 (下)』より引用
  • 第三中足骨の前面上部が第二、第四中足骨で完全には覆い隠されていない。
  • それでも闇の中で、寛子はシーツを使って自分の体を覆い隠そうとした。 林真理子『初夜』より引用
  • 周囲の地面と見分けがつかないよう、木の枝と草で覆い隠されていた。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 雲におおい隠されたままの空の代わりに、無数の星が地上に散らばっている。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 尚、3列目は使用しないときはトノカバーで覆い隠すことも可能である。
  • 恐怖は消えなかったが、それをおおかくすような景色けしき素晴すばらしさがある。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編02 切れる女に手を出すな』より引用
  • 頭にはボア付きの防寒帽ぼうをかぶって、左右のたれは完全にほおおおい隠す。 時雨沢恵一『キノの旅 第09巻』より引用
  • これは地球が太陽を覆い隠すことによって発生した現象であった。
  • その恐怖を覆い隠すように、どうでもよい何かが感情を包んでしまう。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • それでも月の姿を人の目から覆い隠すだけの厚みと質量を持っている。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • あれは我々が店と組んで覆い隠すのを防ごうとしてのことじゃありませんかね。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • 背後にあるうち棄てられた神社が、すっぽりと覆い隠されてしまうほど。 諸口正巳『不死身のフジミさん 殺神鬼勧請』より引用
  • 人間はただ受け取って、家の床に穴を掘って、敷物で覆い隠すしかない。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 崩落の危険性があるため、埋め戻され、再び覆い隠されることとなった。
  • この暗闇をもってしても覆い隠すことができず、その表面には闇の影すらない。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 最後に残っていた部分を覆い隠すように、トラヤヌスが浴場を建設させた。
  • ヤハウィストの記述は聖地に対する覆い隠された軽視だと見られている。
  • 次へ »