覆い隠している

68 の用例 (0.00 秒)
  • 私が顔の下半分を包帯で覆い隠していたのは、その時の怪我が原因でした。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 相手を猛毒で容易く殺さないようにと、両腕を長い袖で覆い隠している。
  • ギプス包帯が覆い隠しているのは、なにもその表面だけではないだろう。 西尾維新『花物語』より引用
  • 彼女の頭半分を覆い隠していたのは、銀色の巨大なヘッドフォンだった。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 堂々たる体格の兵隊長は顔を覆い隠していたかぶとをちょっと上げてみせた。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 四階てのビルくらいはあろうかという高さの広葉樹こうようじゅが、空をおおかくしている。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • 左手の石垣の上からは、大きな樹の枝が張り出して、空を覆い隠していた。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • この世界平均の傾向は、ある特定の国や地域で起こっている深刻な事態を覆い隠している。
  • すみりつけたような黒が、星がかがやいているはずの一角をおおかくしている。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ04 扉なき仮宿』より引用
  • 有巣の顔にこびりついた笑顔は、彼の本心を完全におおかくしていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 垂れ下がった彼女の髪が、まるで銀色ぎんいろの幕のように二人の顔をおおい隠していた。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • 星をおおい隠していた雲は夜明けの風に流されて消え、二日目は再び夏の一日となった。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • ふだんは眼鏡がその美貌を覆い隠しているので、その発見が新鮮に思えた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 前鼻弁は口まで達し、後鼻孔から口に向けて伸びる深い溝を覆い隠している。
  • すると、その強い光が何を覆い隠していたかがわかった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • もう女の顔は被った布が覆い隠していたが、襤褸ぼろの下から彼女の髪の一房零れた。 深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』より引用
  • その横でみおは、はわわわわ、とまっ赤な顔を手で覆い隠していた。 西野かつみ『かのこん 第01巻』より引用
  • 翌日は朝から重い雲が空を覆い隠していた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 大きな月のように他のものを覆い隠している。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 命取りとなった胸の大きな傷は、マントがすっぽりと覆い隠している。 エディングス『エレニア記6 神々の約束』より引用
  • 次へ »