覆い隠し

437 の用例 (0.00 秒)
  • 一つにはすっかり木や草が、その家を覆い隠してしまっていたからだった。 赤川次郎『怪奇博物館』より引用
  • あるレベル以上の指揮者が性格を覆い隠しがちなのは、わかっている。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • 私が顔の下半分を包帯で覆い隠していたのは、その時の怪我が原因でした。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 相手を猛毒で容易く殺さないようにと、両腕を長い袖で覆い隠している。
  • できることなら、完全な闇がすべてを覆い隠してほしいと晴美は願った。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • ギプス包帯が覆い隠しているのは、なにもその表面だけではないだろう。 西尾維新『花物語』より引用
  • 脅威に曝されると、体を巻いて眼を尾で覆い隠した特徴的な姿勢を取る。
  • その男は全身を真っ黒なコートで覆い隠し、頬には深い刀傷があった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 濃いサングラスで目をおおかくし、引き結んだ口元に感情は感じられない。 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』より引用
  • 彼女の頭半分を覆い隠していたのは、銀色の巨大なヘッドフォンだった。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • 明かりにうかび上がったのは、顔を黒い布で覆い隠した大柄な男である。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • 何ヶ月かすると、アルバス自身の評判が、彼の父の評判を覆い隠し始めた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • フォードは多型性が選択の力の重要性を覆い隠したことに強い感銘を受けた。
  • 堂々たる体格の兵隊長は顔を覆い隠していたかぶとをちょっと上げてみせた。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 俺は胸の内を見透かされた気恥ずかしさを苦笑で覆い隠して軽口を返した。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 彼女は自分のひざや足をおおい隠していく枯れ葉を、必死になってかき集めた。 今野緒雪『マリア様がみてる 25 大きな扉 小さな鍵』より引用
  • ダメージの蓄積ちくせきおおかくしようがないほどのレベルまで達しつつある。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 08』より引用
  • 四階てのビルくらいはあろうかという高さの広葉樹こうようじゅが、空をおおかくしている。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集02 本気になれない二死満塁?』より引用
  • とか言っているが、じつは手で覆い隠した顔は笑っており、舌を出していた。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 左手の石垣の上からは、大きな樹の枝が張り出して、空を覆い隠していた。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • 次へ »