覆い被さろ

20 の用例 (0.00 秒)
  • スムーズな運転で地下駐車場を出ると、灰色の天井が覆い被さってきた。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 女はそう言って、自分の上に覆い被さった俺の身体を強引に振り払った。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • どんな格好をさせても、お咲はいつのまにか背後から覆い被さってくる。 岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』より引用
  • まぶたの裏の闇にさらに黒い闇が覆いかぶさってきて意識が闇に呑みこまれていく。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 女の両手が交差する形になったが、右手は殷雷の右手におおかぶさった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録03 泥を操るいくじなし』より引用
  • そして、さっきまで開いたままになっていたふたがゆっくりと覆いかぶさってきたのだ。 北野勇作『人面町四丁目』より引用
  • それは、十数年前に見た光景がデジャブのように今の映像におおかぶさったせい。 今野緒雪『マリア様がみてる 16 バラエティギフト』より引用
  • ハリーに書いているものが見えないように、背中を丸めて覆い被さっている。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • その顔はしばらく意味ありげに彼の上に覆い被さっていた。 ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』より引用
  • 秀一は、自分の上に覆い被さったままの拓也の体を、静かに押しのけた。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 透明な風の鞭が、森に覆い被さっていた木々の枝を荒々しく引き裂いた。 高殿円『銃姫 02 The Lead in My Heart』より引用
  • わけも分からず、倒れたいけの上におおかぶさった悠二の背を、爆風がたたいた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第01巻』より引用
  • 彼はテレビの中の女歌手とデュエットしながら、私の背中に覆いかぶさってくる。 岩井志麻子『楽園(ラック・ヴィエン)』より引用
  • ベッドの上から翡翠を逃がさないようにして、その体に覆い被さった。 奈須きのこ『月姫 まひるの月(翡翠・トゥルーエンド)』より引用
  • 無数の死者の霊に包まれて、文也が莎代里の上に覆い被さっていた。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 星すら見えないのは西から迫った雲がおおかぶさっているせいだろうか、と式部は思う。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • ちょうど天にかかる月に、流れてきた厚い雲が覆い被さったのだ。 千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』より引用
  • 襖に手を掛けた時、伊三次の背中にお文の声が覆い被さった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 不安が背中からおおかぶさってきて、冬湖はぎゅっと両手で自身をきしめた。 朝香祥『スパイラル カノン その扉を開く者 (The Beans 01)』より引用
  • テーブルが押しつぶされ、彼女の 上におおかぶさっている山が雪崩なだれを起こした。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用