覆い被さる

202 の用例 (0.00 秒)
  • その場合、人間がその身を挺して覆い被さることが残された手段になる。
  • 私の頭上には鬱蒼うつそうとした樹々が覆い被さるように太い枝葉を広げていた。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • その頭の上へ覆い被さるようにして、カークが緊張した顔を近づけていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『01 宇宙大作戦 No1』より引用
  • それでもここに来るまでの、覆いかぶさるような闇の気配は消えている。 牧野修『屍の王』より引用
  • 寺本氏が奥さんをかばい、覆い被さるように、二人倒れていたのだという。 日明恩『埋み火』より引用
  • サラがおおかぶさるように身体を曲げて、土と石の混ざった通路に座った。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • まるで太陽が落ちて、辺りが暗くなるように、男の影が私の上へ覆い被さる。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 相手の女性の身体の上に覆い被さり、そしてゆっくりと体重をかけてゆく。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 覆い被さると、手を添えなくても僕のものは萌実の中に滑り込んで行った。 内田春菊『ぬけぬけと男でいよう』より引用
  • わたしは知らずとテーブルに覆いかぶさるように頬杖ほおづえをついていた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • その部屋の天井は大きな鏡になっていて、あたしに覆いかぶさる将ちゃんの背中が映っていた。 日向蓬『マゼンタ100』より引用
  • エルウィングの言葉の上に覆い被さるように、アンブローシアは言った。 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • 目が見えないはずなのに、倒れかかる棚の巨大な影が、自分の上に覆い被さる様を見た気がした。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • 彼のかたわらで肩からおおかぶさるようにしていたようこが勝ち誇ったように叫んだ。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用
  • せり上がった高い崖は道の上に覆い被さる格好になっている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 佐竹は雅子の上に覆い被さると、いきなり血の流れている唇を噛んだ。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 羊歯しだのような草をき分け、岩に覆いかぶさるようにして、両手を縁にかけた。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 頭上には木々の緑が、道路に覆い被さるようにして張り出している。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 涼しい顔で笑う男が、子供用自転車のハンドルに覆いかぶさるように立っていた。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • 上条当麻とうまはアウレオルスの頭上へ、覆い被さるように飛びかかっている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 次へ »

覆い被さる の使われ方