覆い焼き

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 覆い焼きや焼き込みのテクニックを駆使する場合などが想定される。 ...
  • また、アダムスは最終的なプリントの一部を明るくしたり暗くしたりするための覆い焼き・焼き込みの技法についても述べている。 ...
  • Photoshopには「覆い焼きリニア」の名称で実装されている。 ...
  • 「覆い焼き」をすると画像が明るくなり、「焼き込み」をすると画像が暗くなる。 ...
  • この時期の土器をどのようにして焼いたかは正確には不明であるが、雲南省やタイ王国などに残る民俗事例から類推して、「覆い焼き」という方法が行われたと推定されている。 ...
  • 時には覆い焼きや焼き込みなどで画面内の明るさを部分的にコントロールすることもある。 ...
  • このことに関して画家のフェルナン・クノップフは光源やライティングをどれほど工夫しても、覆い焼き・焼き込みなどを駆使しても絵画に見られるような卓越したバルールを構成することはできないといった旨のことを述べている。 ...
  • あまりにヘッドの位置が高いとピント合わせが大変であり、あまりにヘッドの位置が低いとイーゼルの開閉や覆い焼き等に支障が出るので、作るプリントの大きさとネガの大きさに合った焦点距離のレンズを選択する必要がある。 ...
  • その後Photoshopの覆い焼きツールやハードライトを用いて、作品の雰囲気に見合うようキラキラした光の効果をキャラクターの周囲に付け足す。 ...
  • 他の項目と重複する部分もあるが、ここでは有名フォトレタッチソフトで採用されている「覆い焼き」と「焼き込み」に関連するレイヤーモードを解説する。 ...
  • 「覆い焼き」とは、成形・乾燥させた土器の周囲を稲わらで覆い、その上を粘土で密封してから点火するものである。 ...
  • 雪原、農作業風景など平凡な被写体と覆い焼きによって強調した空の風景から生み出される強烈なイメージや構図力と確かな技術は、日本の報道写真のさきがけである名取洋之助からも高い評価を受ける。 ...
  • 「覆い焼き」は、画像を明るくする効果を及ぼす。 ...
  • 現在のPhotoshopユーザーの中にリアルの写真フィルムを扱ったことのある人がどれだけいるのかは解らないが、「覆い焼き」と「焼き込み」は、写真フィルムの「ネガ焼き」と同じことをしていると考えればよい。 ...
  • 覆い焼きと焼き込みは、写真現像の暗室作業における「覆い焼き」と「焼き込み」に由来するもので、画像の明るさを変化させる効果を及ぼす。 ...