覆い尽くし

220 の用例 (0.00 秒)
  • 蟲はとうとう私の体全体を覆い尽くし、私が蟲そのものになってしまう。 田口ランディ『オクターヴ』より引用
  • おそらく、声にすればそんな内容の、無言の抗議がその場をおおい尽くした。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • さらにそこから天へ向かって上昇し、午後七時すぎの青空を覆い尽くした。 吉村達也『ワンナイトミステリー6 「シアトルの魔神」殺人事件』より引用
  • ソレブリアの上空をおおい尽くし、北へ南へ、東へ西へと飛び去ってゆく。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • 悠二は自分のすべてをおおい尽くすようなその手を、ただ震えながら見る。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第04巻』より引用
  • 小高くなった丘の上全体を覆い尽くすように、城が建てられていた。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • これ、全部操作そうさパネルでしょう、どの部屋のかべも一面覆いくされている。 小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』より引用
  • 外が奇妙に明るいのに気づいて窓の外を見ると、雪が屋根という屋根を覆い尽くしていた。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 今日では枝葉が元の主幹を覆い尽くしているためこのような姿は撮影できない。
  • 火星の生活には、施設の中の大半を覆い尽くすような植物が欠かせないのだ。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース5』より引用
  • 一見子供の部屋なのに、壁が大小さまざまな鏡でおおい尽くされている。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第19巻 月なき夜は鏡の国でつかまえて』より引用
  • 古泉の説明口調が終わるかどうかのうちに、亀裂は世界をおおくしていた。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • 風に押されて、黒い雲が流れ、代わりに、もっと黒い雲が空を覆い尽くす。 久弥直樹『SEVEN PIECE』より引用
  • そして、あの腐食はこの街を覆い尽くそうとしているように思える。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 恵津子は、自分の身体が蛾の大群に完全に覆い尽くされているのを感じた。 吉村達也『憑依 ―HYOU・I―』より引用
  • ボスはレーザーを発射して、第二形態では画面を覆い尽くすほど巨大になる。
  • 天を仰ぐと、ほとんど一面を真っ黒な雲が覆い尽くそうとしていた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • このままでいくと、田圃は灰色の道路の帯で覆い尽くされるのではないかと思うほどだ。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 爆発により部屋中を覆い尽くした白い煙は少しずつ薄れていく。 山田悠介『『ドアD』ブログ版』より引用
  • 鰻の音だとしたら、泥の表面がおおくされるほどの数だろう。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 次へ »