覆いたく

103 の用例 (0.00 秒)
  • はずかしめを受けた少女が両手で顔をおおいたい気分が心の底から理解できた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 老医師の眼に、初めて眼を覆いたくなるような疲労と絶望の色が浮かんだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター05 夢なりし“D”』より引用
  • 拷問の度に、あちこちから耳を覆いたくなるような悲鳴が聞えて来る。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • まわりは目を覆いたくなるような行動に及んでいるカップルばかりである。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • たとえ花を誉められても耳を覆いたくなるような気持ちになった。 乙一『ZOO』より引用
  • 耳を覆いたくなるような怨嗟の声を放って、老人は教授を見上げた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • タイヤのあたりで嫌な音が響き、耳を覆いたくなる悲鳴が上がった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • 体裁が悪く、目を覆いたくなるようなものも決して少なくなかった。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • おかげで理数系のテストなんかは、本当に目を覆いたくなるような出来であった。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • どこからともなく、耳を覆いたくなるような悲鳴がきこえてきた。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • 男も女も、耳をおおいたくなるような言葉をいて、勝負の決着をつけたがる。 喬林知『今日からマ王 第02巻 「今度はマのつく最終兵器!」』より引用
  • だが、その殺され方が、俺たちから見ても、目を覆いたくなるようなありさまでね。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 憲兵隊にしてみれば目を覆いたくなるような失態が続いている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 有名人の彼女が法医学者たちでさえ目を覆いたくなる異様な刺殺体で発見された。 椹野道流『鬼籍通覧6 亡羊の嘆』より引用
  • 後がなくなった2戦目の相手は開催国米国であり、ここで国民が目を覆いたくなる出来事が発生した。
  • 耳を覆いたくなるような苦痛の叫びが上がった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • と言って、思わず口をおおいたいような気持がしました。 太宰治『斜陽』より引用
  • しかしその後も、目を覆いたくなるような出来事が続く。 柴田曜子『尾崎豊 夢のかたち』より引用
  • 正面をかくすわけにはいかないので、せめて側面は木でおおいたいということだろう。 高田宏『木に会う』より引用
  • ぼくが偵察から帰ってくると、そこには目をおおいたくなるばかりの地獄じごく絵図が広がっていた。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 次へ »