覆いかぶせる

15 の用例 (0.00 秒)
  • 乗越ポイントには横取り装置と呼ばれる渡り板のような装置を覆いかぶせる。
  • 茜はうなずき、イグナシオの顔の上に上体を覆いかぶせるようにした。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 牛尾は金庫の上に体を覆いかぶせるような姿勢になった。 勝目梓『夜のエージェント』より引用
  • この炊飯櫃の中に水と米を入れ、電極板を挿入して上部から極蓋を覆いかぶせる。
  • そして、飯茶碗を私の鼻先に、覆いかぶせるようにして言った。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • それにおおいかぶせるようにして、勝利が言う。 岡野麻里安『銀の共鳴4 月の魔天楼』より引用
  • ハンドルへ身体を覆いかぶせるようにして、アクセルを踏みっぱなし。 石丸元章『SPEED スピード』より引用
  • そのように覆いかぶせるようにして造られた神殿の基壇のうち、一層はフリントの塊ばかりが充填されて造られていた。
  • 左脚を後方に長く伸ばして右膝を立て、その膝の上に上体を覆いかぶせるように屈した異様な姿勢で、頑之助は、剣を抜き、剣を揮った。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • このコントローラーを操作することで、あたかも見えないベールを覆いかぶせるように、大きな物体をその場所に隠したり、隠した物体を出現させたりすることができる。
  • レシーバーカバー上部に覆いかぶせる形でピカティニー・レールを装着することによって、ドットサイトやスコープを装備することを容易なものとした。
  • 「かぶせる」とは、覆いかぶせること、また、うまくごまかすことをいう。 駒田信二『好色の戒め 「肉蒲団」の話』より引用
  • 「ラス・ベンタナス」神殿の基壇を発掘したところ、紀元前800年ごろに最初の建物が建てられてから、少なくとも8層覆いかぶせるようにして神殿がたてられた。
  • 手の平を広げればすっぽり覆いかぶせるぐらいの大きさ。 奈須きのこ『月姫 ひなたのゆめ(翡翠・グッドエンド)』より引用
  • 京介の言葉におおいかぶせるように、智が叫ぶ。 岡野麻里安『銀の共鳴1 桜の降魔陣』より引用