覆いかぶさる

291 の用例 (0.01 秒)
  • と、言ったきり、少女は、犬の上におおいかぶさるようにたおれてしまった。 赤川次郎『天使よ盗むなかれ』より引用
  • 若いイタリア人は自分の皿の上に覆いかぶさるように身を屈めている。 カヴァン『『アサイラム・ピース』より6編』より引用
  • テーブルの上には一人の青年がおおいかぶさるようにして俯伏うつぶせになっていた。 横溝正史『塙侯爵一家』より引用
  • 頭の上に覆いかぶさるような人の気配を感じて私は話をやめた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • それは、死んだ息子の上に覆いかぶさる母親のような激しさだったわ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 仲本は彼女の足の間に入ると、覆いかぶさるようにして上体をあずけた。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 続いて床屋のおやじはそのレザーを手に、ぼくの頭の上に覆いかぶさる。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • 一時間ほど前に病院に到着した井崎は、父の顔におおいかぶさるようにしてみた。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • そのうちに懸崖や覆いかぶさるような木の繁みに邪魔されて見えなくなった。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • アフランシは見上げて、頭上に覆いかぶさるようにしている板を押してみた。 富野由悠季『ガイア・ギア 1巻(第1章 オン・ザ・ビーチ)』より引用
  • 長崎に多い細い坂路さかみちの一つで両側には家々が覆いかぶさるように並んでいる。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • そこに加藤が覆いかぶさり、二人は体を重ねあったままステップを踏んだ。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • いつも覆いかぶさるような七丈の帆を見上げていたその習慣が、身についていた。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • 太陽は姿を隠し、林に覆いかぶさるように低く雲が垂れこめていた。 小川洋子『やさしい訴え』より引用
  • 男はカナの上に覆いかぶさりながら、ブラウスの三番目のボタンを外す。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 男は、我慢が出来ないというように女に覆いかぶさり、いいかいと尋ねる。 山田詠美『快楽の動詞』より引用
  • しかし今度はアンジェリーナがハリーに覆いかぶさるように抱き着いた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 高空から覆いかぶさるように攻撃されたらそれまでだからである。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • 門の屋根が頭上に覆いかぶさるようで、その上に鬼が隠れて自分の来るのを待っているのではあるまいか。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 地面に倒れた万里の上におおいかぶさるようにして、そして、香子は泣いた。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 02巻 答えはYES』より引用
  • 次へ »

覆いかぶさる の使われ方