覆いかぶさってくる

59 の用例 (0.00 秒)
  • 火が消えて、トンネルのなかにはどっと冷たい闇が覆いかぶさってきた。 横溝正史『憑かれた女』より引用
  • ベッドに腰を下ろしていた私は、覆いかぶさってくる鮮花を避けられない。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 甘えた声とともに、私とそっくりな顔がぬーっと覆いかぶさってきた。 群ようこ『無印結婚物語』より引用
  • 慌てて顔を上げると、河見が覆いかぶさってくるのが目に入った。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 四千数百メートルも噴き上げている煙が、頭上に覆いかぶさってくるようだ。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • そしてあの夜のように、源八の顔を覗き込むように覆いかぶさってきたのである。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • そのためか、やみが頭上から覆いかぶさってくるような印象がある。 西東行『鳥は星形の庭におりる』より引用
  • 重いものが全身に覆いかぶさってきたような気分になった。 MASKMAN『ボヘミアンガラス・ストリート』より引用
  • 細かい雨でも、それは大きなくもの巣のようにわたしに覆いかぶさってきた。 小川洋子『妊娠カレンダー』より引用
  • 真下から見ると、いつになく威圧的に頭上に覆いかぶさってくるようだった。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 巨大な影はゆっくりと彼の頭上に覆いかぶさってきた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 玲は一瞬、あらがったが、すぐに体の力を抜いて、彼の顔に覆いかぶさってきた。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • だが、頭上から覆いかぶさってくる人影はその余裕を与えない。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 掌に残った感触を消すため、覆いかぶさってくる枝を乱暴に払いのけた。 小川洋子『やさしい訴え』より引用
  • 昨日の大会で優勝したことまでが、薄暗い闇となって、私の頭上に覆いかぶさってきていた。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • あるいは、闇が彼女に覆いかぶさってきたのかもしれない。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 明乃はとろんとした目をしたまま、仰向あおむけになった僕の体に覆いかぶさってくる。 サタミシュウ『ご主人様と呼ばせてください』より引用
  • ルンゼの上に中央岩壁そのものが、黒い岩肌をもって覆いかぶさってきていたのであった。 植村直己『エベレストを越えて』より引用
  • 登り坂で両側の高い建物が覆いかぶさってくるようだった。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 湿原は道に覆いかぶさってくる程の夏草でむんむんしていた。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • 次へ »