覆いかぶさっている

56 の用例 (0.00 秒)
  • 雲だけが早く走って行き、走る雲のその上にまた別の雲が覆いかぶさっていた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • だがそれよりも暗い殺人の雲が、この谷の人々の頭のうえには覆いかぶさっているのだ。 ドイル/延原謙訳『恐怖の谷』より引用
  • 黄金の冠帽から波打って垂れているレースはその上に覆いかぶさっていた。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • 山は私たちの位置から見ると、まさに別荘の上に覆いかぶさっているように見えた。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • ついいましがたまで頭上に覆いかぶさっていた危険が急に遠ざかったとは信じられなかったのだ。 アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(下)』より引用
  • 岸には樹木が覆いかぶさっていたが、二個所だけ切り払われていた。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • 百メートル上空の石と鉄の蓋が陰鬱に覆いかぶさっているのみだ。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • 綿雲のような重いものが、かの女のこころに覆いかぶさっているのだった。 林不忘『あの顔』より引用
  • 楡の大木の枝がアパートの屋根まで覆いかぶさっていて、黒い影をつくっていた。 佐野良二『飛び出しナイフ』より引用
  • それはこの世界の上に覆いかぶさっているようだった。 P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • 碧空あおぞらが少ししかみえないほど、樹木が河の上へ覆いかぶさっていた。 モーム/田中西二郎訳『モーム短編集「園遊会まで」』より引用
  • 恐る恐る挨拶あいさつする佐藤に、自分がおおいかぶさっている状態を自覚する。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第14巻』より引用
  • だが、見たところ、上に覆いかぶさっている方の男が着ている服は、今の俺が着ているのと似ているように思えた。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • 君のうえに覆いかぶさっていた禍は、これでもうすっかり取りのぞかれたンだから。 横溝正史『幽霊座』より引用
  • それは自分に何か分らない問題が黒い鳥のように覆いかぶさっていて、百合人の身体をつつき廻しているように感じられた。 島尾敏雄『出孤島記』より引用
  • 美智子は覆いかぶさっている男の背後に、奇妙なものを見た。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 女の子を庇う《かば》ように、女性が覆いかぶさっていたわけです。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 一瞬、そうか彼女のオシッコした場所なんだと思ったが、体はネコの上に覆いかぶさっていた。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • 私の頭の上には、夕焼の燃えるような空間がおおいかぶさっている。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • 下りきった場所はとてつもなく広い地下室で、頭上には石でできた丸天井が覆いかぶさっていた。 エディングス『エレニア記1 眠れる女王』より引用
  • 次へ »