覆い

全て 動詞 名詞
6,358 の用例 (0.02 秒)
  • 隣の屋根の上に出てるおおいのある亜鉛とたんの煙筒のためにできてる影だった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • ハリーが通ったあとで、手で口を覆いながらヒソヒソ話をする者もいた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 陳列ケースのガラスの上に荷物を載せて覆いを取ると、箱があらわれた。 川上弘美『蛇を踏む』より引用
  • 誰かが覆いを取ってくれなかったら、私もきっと陽がさなかったから。 嵩夜あや『乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール』より引用
  • 五時のベルが鳴って、あっちこっちでケースへ覆いがかけられはじめた。 宮本百合子『道づれ』より引用
  • はずかしめを受けた少女が両手で顔をおおいたい気分が心の底から理解できた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 雨が止んで空は白んできたが、まだ白い霧が空と地を覆いつくしていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • できることなら、完全な闇がすべてを覆い隠してほしいと晴美は願った。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • スムーズな運転で地下駐車場を出ると、灰色の天井が覆い被さってきた。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • ハリーは、両手で顔を覆い、トレローニー先生の教室の床に倒れていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 父は隣りにもう一つあるベッドの方へ体を動かして、その上覆いをはねた。 宮本百合子『伸子』より引用
  • 老医師の眼に、初めて眼を覆いたくなるような疲労と絶望の色が浮かんだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター05 夢なりし“D”』より引用
  • 雪は逃げ去った案内人のことばどおり、小径を完全に覆いかくしている。 T・E・ロレンス/安引宏訳『砂漠の叛乱』より引用
  • 車もおそらく灰色のシートを覆い、木の枝かなんか乗せてあったのでしょう。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • あるいはそれを覆いかくしていたのが人間の魂の薄い層だとしたら。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 恥ずかしくなって聖美は手で鼻と口を覆い、音を少しでも隠そうとした。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 濃いサングラスで目をおおかくし、引き結んだ口元に感情は感じられない。 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』より引用
  • 欠伸あくびしたって誰も見ていないので、私は手で覆いもせず大きな欠伸をした。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • ロレンスはそこまで考えて目をおおい、暗闇くらやみの中で口だけをみの形にした。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 知らぬ間に雲が夜空を覆い、気がつくと荒れ模様の接近を告げていた。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 次へ »