要求を却下

12 の用例 (0.00 秒)
  • 財務局は1780年10月27日の大陸会議に対する報告書でこの要求を却下した。
  • この遅れの原因は、メリーランド植民地のような西方領土の領有要求をしていない植民地が、領有要求をしている植民地の要求を却下しない限り連合規約を批准しないという態度に出たためであった。
  • FIFAも再度の再試合要求を却下した。
  • しかし、ミシガンが1833年に州憲法制定会議を開こうとしたとき、いまだ議論の絶えないトレド・ストリップのために議会は要求を却下した。
  • ケッセルリンクはその要求を却下した。
  • フメリニツキーはウクライナ人が居住する全地域をコサック国家の支配下に置こうとしたが、スウェーデン側は西ウクライナのガリツィア地方を自国領にするつもりであったため、コサックの要求を却下した。
  • フメリニーツィキーはウクライナ人が居住する全地域をコサック国家の支配下に置こうとしたが、スウェーデン側は西ウクライナのガリツィア地方を自国領にするつもりであったため、コサックの要求を却下した。
  • その中の一人、ジョン・ボイドは自らのF-100による戦技教官としての経験を体系化し、それに熱力学を応用した「エネルギー機動性理論」を基にした判断によりF-Xの最初の提案要求を却下し、最終版に改定した。
  • しかし執政ペレンドゥア率いるゴンドールの会議は「メネルディルの男系の子孫のみが継承権を有する」として、要求を却下した。
  • さらに、著者らは、ICD-9を採用せよという要求を却下する理由として、診断基準がないため精神医学が30年前に戻るだろうとし、さらにICD-10はDSM-III-Rの分類によく似ていると述べた。
  • これを知った西ドイツ政府、フランス政府、オーストリア政府、ギリシャ政府はシリア政府に対してブルンナーの身柄引き渡しを求めたが、シリアは「記載の住所にブルンナーという人物は見当たらない」と回答し、これらの要求を却下した。
  • そして、陸軍の増師要求を却下した西園寺内閣が陸相上原勇作の辞任で倒れて第3次桂内閣が成立すると、陸軍と長州閥に反発する世論が高まり、立憲国民党に政友会が合流して「憲政擁護連合会」が結成され、新聞雑誌が激しい藩閥批判を展開するなど、第一次憲政擁護運動から大正政変に至る。