要は

全て 副詞
1,436 の用例 (0.01 秒)
  • 要はその人がソールマインドであるかどうかということにかかっている。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 要はその対応の仕方から、柔軟性がどのくらいあるのかを見ていくのだ。 松永真理『iモード事件』より引用
  • 要は生殖器などの構造を確認しなければ判断は難しい、と言う事である。
  • 要は単なる気合のたぐいなのだが、黒雪姫はそこに一つの工夫を加えている。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 要は都市銀行のほとんどが支店をだす必要など認めない貧しい街だった。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • 要は勝利のために、必要かつ十分な能力を発揮すればよいからである。 児島襄『指揮官』より引用
  • 要は約束というものを重く見るかどうかということではないだろうか。 諸井薫『男とは何か』より引用
  • 要は議員を動かして来るべき議会の論戦において多数を得ることであった。 穂積陳重『法窓夜話』より引用
  • 要はこの国のように仕事の効率を第一に考えることではないのか。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • 要は女一人さびし気に無聊ぶりようをかこっているように見えなければ良いわけだ。 森瑤子『クレオパトラの夢 世にも短い物語』より引用
  • 要は一点を確保し占拠することではなくて、情報を混乱させることである。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • 要は結果として仕事がまともに出来ていればそれでいいわけでしょう? 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • 要は米国人が日本企業の現地工場を、本当に米国企業と思うかどうかである。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • ただ要は自分で神を独占しているような気になって思いあがらないことだ。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • それを防ぐために、伯要は国として買い入れる総量を設定したのだった。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 要は、まず自然の美を発見することから学ばねばならぬということである。 北大路魯山人『味覚の美と芸術の美』より引用
  • 要はそういうことはどうでもいい年齢になったということである。 養老孟司『からだを読む』より引用
  • 要はそれほどまでに、彼の悩みは複雑なものだということなのである。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 怪我人の容態が急激に悪化した時のために、要はその見張り役としてね。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 要は、正直に自分の体と相談して、なにを要求しているかを知るべきである。 北大路魯山人『お茶漬けの味』より引用
  • 次へ »

要は の使われ方