西に傾きかけ

25 の用例 (0.00 秒)
  • 陽は西に傾きかけたが、早朝から行われた虐殺は、半ばを終わったばかりであった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • どのくらい探し続けたか、陽が西に傾きかけた頃、敵の伏せ勢が潜んでいた三ヵ所の林が見えてきた。 茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』より引用
  • どのくらい眠ったかわからなかったが、眼をさました時には、太陽はすでに西に傾きかけているようだった。 ヴェルヌ/村上啓夫訳『海底二万リーグ(上)』より引用
  • 別働隊の隊長水沼犬猪みぬまのいぬいが来たのは陽が西に傾きかけた頃である。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • 陽は西に傾きかけたばかりである。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • 男具那は西に傾きかけた陽を浴びながら砂浜に横たわった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』より引用
  • 陽は既に西に傾きかけている。 太宰治『走れメロス』より引用
  • 陽が西に傾きかけていた。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 西に傾きかけている太陽が、強い熱気をわたしの目に照りつけて、目先が見えなくなるほどだった。 ウェルズ/能島武文訳『モロー博士の島』より引用
  • 満月はすでに西に傾きかけ、夜は明けようとしていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 太陽は西に傾きかけている。 高畑京一郎『タイム・リープ 下』より引用
  • 陽は西に傾きかけている。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 岐戸きど医師の診療所を出ると、陽が西に傾きかけていたが、外気はなおムッと暑かった。 多島斗志之『症例A』より引用
  • 西に傾きかけた日脚が、明るく一面に照っていた。 豊島与志雄『同胞』より引用
  • は西に傾きかけた。 吉川英治『三国志』より引用
  • 西に傾きかけた陽が、庭を照らしている。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 足立は、陽が西に傾きかけている後楽園球場のおわん型のマウンドに立って、四万六千人の熱狂を見つめていた。 山際淳司『ナックルボールを風に』より引用
  • 西に傾きかけた太陽が、梢のむこうでバラ色に輝き、やわらかな光を一面に投げかけている。 ディクスン『ドラゴンになった青年』より引用
  • 日は西に傾きかけ、なつみさんの横顔を真っ赤に染めている。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • 夕暮れが近づき、太陽は西に傾きかけていた。 メーリケ/浜川祥枝訳『旅の日のモーツァルト』より引用
  • 次へ »