西に傾き

123 の用例 (0.00 秒)
  • 日は大きく西に傾き、スーパーの駐車場には建物の影が長く伸びている。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • 陽は西に傾き、二人の影が伸びて、川面の流れに動くものを作っていた。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • 太陽はかなり西に傾いていたが、何としてでも中嶺なかつねまでは行こうと思った。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 日が大分西に傾いた時刻で、路傍の銀杏いちょうも薄黄色気味にえかけていた。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • 女が現われたのは、太陽がはっきりと西に傾き始めた頃だったろう。 阿刀田高『異形の地図』より引用
  • 西に傾いた日影の移ってゆくのが眼に見えるように早く感じられた。 豊島与志雄『恩人』より引用
  • 秋の陽が西に傾いた頃あい、合度川の岸辺に、異様の光景が、現出した。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫2) 真田幸村』より引用
  • 陽は反対側の西に傾いて、下に見える屋根の上には濃い影が半分おおっていた。 松本清張『鬼火の町 新装版』より引用
  • 陽は西に傾いていたが、三時四十分の日没まで、まだ二時間あまりあった。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • そういえば、さしもの夏の太陽も西に傾いて、日暮れが近くなっている。 阿久悠『瀬戸内少年野球団』より引用
  • 玄武岩溶岩の厚さがほぼ一定しているために山地全体が西に傾いている。
  • この日は東京から夕方に美瑛に到着したばかりで、日は既に西に傾いていた。
  • 太陽が西に傾いた頃、眠っているかに見えた山田曹長が不意に立ち上がった。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 西に傾いた半月の光は弱いが、月光があるとないとでは大違いだった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 1 大和の巻』より引用
  • 日は西に傾きつつあったが、広場を照らしているのは白日の光だった。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • 陽が西に傾いているので溝の底は日陰になり、顔がよく見えなかった。 佐野良二『五味氏の宝物』より引用
  • 西に傾きつつある太陽が、谷底に差す日差しの線を徐々に上げていた。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 西に傾いた日の光りが、障子の下の方三分の一ばかりを明るく照していた。 豊島与志雄『愚かな一日』より引用
  • 大分西に傾いた月の光は地をうて、本堂の縁はくらかげになって居る。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • しかし日は徐々に西に傾き、建物の陰に隠れ、日だまりも消えてしまった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 次へ »