襲いかかる

全て 動詞
1,464 の用例 (0.01 秒)
  • 考えてもみてほしい、教室に入った瞬間に三九人におそいかかられるのだ。 田口仙年堂『吉永さん家のガーゴイル 第01巻』より引用
  • その場で襲いかかってくるものと思ったのでわたしは回転銃に手をかけた。 バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』より引用
  • 彼らの声はいつか再び深い闇とともに私に襲いかかってくるだろうと。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • その直後、激しい爆発音と共に、炎の波が彼の身体に襲いかかってきた。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 後から襲いかかって手許へ引いたのならば、こんな傷は出来ぬ筈である。 久生十蘭『顎十郎捕物帳』より引用
  • 他の人たちには汚染獣が何度もおそいかかっていることは秘密ひみつにされていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • ボールの模様が見えるほど回転のないボールがゴール左隅に襲いかかる。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • その強くて大きな国が、大軍をもって小さなお国におそいかかったのです。 芦辺拓『月蝕姫のキス』より引用
  • 一直線に襲いかかってくる敵を前にして、それでも彼女は動かなかった。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 三人の闘牛士マタドールは牛が突き手ピカドールに襲いかかるたびに、順番に牛を相手にした。 ヘミングウェー/高村勝治訳『日はまた昇る』より引用
  • 八路軍としては、日本軍と見ればすぐにも襲いかかりたい気分でいるのだ。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • 彼らはずいぶんと距離を縮めており、今にも襲いかからんばかりである。 井上真『鋼の錬金術師3 白い花の舞う谷』より引用
  • 彼は式にではなく、今襲いかかってくる死そのものに言ったのだろう。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • それに勇気をつけられたのであろう、三方から郷民達は襲いかかった。 国枝史郎『生死卍巴』より引用
  • 魔が襲いかかり、自分が見る間に負けて行く様が手に取るようだった。 小川国夫『逸民』より引用
  • ここぞと思う時を見はからって味方である西軍に襲いかかるつもりでいた。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • もちろん、襲いかかった国王事は敵に方向転換する隙など与えなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • ところが手を触れた瞬間、彼女の無数の感情が襲いかかってきたのだ。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • この街では毎日のように空から天使が下りてきて、ヒト人に襲いかかる。 奈須きのこ『Notes』より引用
  • 彼にとって恐ろしいのは、複数の攻撃が同時に襲いかかってくる事なのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第14巻』より引用
  • 次へ »