補因子

227 の用例 (0.01 秒)
  • これらの反応は酸化を実行させるために補因子に鉄を必要とする。
  • 栄養学における、必須な微量元素の補因子としての機能を下の表に示す。
  • 補因子は酵素との結合の強弱で分類されるが、その境界は曖昧である。
  • 研究の過程で酵素が補因子とアポ酵素から成っていることを発見した。
  • 金属タンパク質とは、補因子として金属を含むタンパク質を表す用語である。
  • ただし、水や豊富に存在するイオンなどは補因子とはみなされない。
  • これらの補因子の研究は生物無機化学の領域に入る。
  • 生物界で広く色に関する役割を担っている物質で、酵素の触媒における補因子としての機能も知られている。
  • この場合の非タンパク質性の分子の部分を補因子と呼ぶ。
  • 補因子はホスト酵素への結合の強さおよび位置が異なる。
  • 酵素が複合タンパク質の場合、補因子と結合していないと活性が発現しない。
  • 補因子として、ピリドキサールリン酸とカリウムの2つを必要とする。
  • 神経伝達物質の補助として神経伝達物質の産生に必要な前駆体や補因子を体内に補給する。
  • 補因子としてFADとチアミンピロリン酸と鉄硫黄タンパク質を用いる。
  • フォトリアーゼは、フラボタンパク質であり、二つの集光補因子を含んでいる。
  • 補因子としてFADが用いられるがほとんどの場合、ヘムとFADの両方が使われる。
  • FADはこの反応機構において、酵素が適当な基質と結合するために必須な補因子である。
  • NADPHとしてのビタミンB3は、合成の両方の反応の補因子として必要である。
  • 多くの場合、補因子は無機と有機の両方の要素を含む。
  • この経路ではヘムは電子を受容する補因子として作用する。
  • 次へ »