補う

全て 動詞
2,725 の用例 (0.03 秒)
  • 植物の体組成は動物のそれとは大幅に異なるためそれを補う必要がある。
  • 彼らは自らの劣化していく肉体を補うために、人間の血を必要とします。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • あるいは、脅迫され要求されていた金の不足をそれで補ったかもしれん。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • 代わりにいくつかの自己に関する理論が以前の精神分析理論を補っている。
  • 収入の不足分を補うため、住民の多くは自身の食物を自分で作っている。
  • この不足を補うために、多数の従軍看護婦や女性職員が働いとりました。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • だがその日の大倉は睡眠不足を補わなければならない別の理由があった。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 生活の金が足りなくなれば私は外の仕事をして補うことにしていた。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • 半球形のリフレクターが残り半分を補って球になろうとしているようだ。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • むしろ、正反対の意味とは両者がいつもあい補っているものなのである。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • 成功すれば、損害をおぎなって余りある収入をもたらしてくれるはずである。 赤川次郎『殺人はそよ風のように』より引用
  • 僕は自分の経験と研究に基づいて、これに足りないところを補おうと思う。 サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』より引用
  • 人間の生命活動を全て補う事ができる学園都市の科学力に、ではない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • しかし、それを補うに充分な装甲の厚さを、これらの機体は有していた。 皆川ゆか『機動戦士ガンダム外伝 戦慄のブルー』より引用
  • そのかわり、欠損した部分を補うように、新たな体を私に与えたのです。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • どのような言語体験によって補われるかに、私は重大な関心を持っている。 吉田満『戦中派の死生観』より引用
  • 関東大震災による学校不足を補うため、当時の東京市により設立された。
  • 生活に不足したものを、「お芝居」で補うという考え方もないではない。 岸田国士『演劇への入口』より引用
  • そのような情報はマークアップ言語などを使用する事で補うことが出来る。
  • フガートの再現は非常に展開的で、展開部が存在しないのを補っている。
  • 次へ »