裏面工作

28 の例文 (0.00 秒)
  • たとえば、だれも裏面工作などしてくれない男を逮捕するんですよ。 ...
  • 外国とはソヴィエトであるか英国であるか又はフランスであるか、いずれにもせよ彼等の裏面工作が軍馬の治療のうえにまで反映していたのである。 ...
  • しかしこれは裏面工作で、できないことはない筈です。 ...
  • 阿茶局が神君家康の命を受け、政治の裏面工作に見事な働きをしていたのを、おふくは知っていた。 ...
  • そうしている間に、裏面工作がふたたび始まった。 ...
  • 事実、その意味するところは、とっぴすぎるので、それは彼女がわたしの信頼をかちえておいて、彼らのある種の裏面工作にわたしをおとしいれようという罠だと確信しそうになったほどである。 ...
  • 外務省筋の意向にもとづく裏面工作というのも、じつをいえば単なるバックアップにすぎなかったようです。
  • 縁のつながりをたよりに、夫その他の反対を押しきり、すでにこのころからロシア宮廷にむかって、周到な裏面工作の手を打っていたのだった。 ...
  • 一部の不法貿易と戦うために、本国政府に、ナッソーには自由貿易港が必要であると裏面工作をした。 ...
  • 彼は肩書のない身軽さを利して裏面工作にたずさわってきた〝当事者〟だったはずだ。 ...
  • そしてあの場合には、戦争のこと国際政治のこと裏面工作のことなど、種々の複雑な非常事態が交錯していたとはいえ、かりにそれらをすべて取り除いたならば、果して二人の恋愛は安全であったろうか。 ...
  • 彼は日露の戦いを日本の勝利にみちびく裏面工作に驚異的な成功をもたらしたばかりでなく、ロシアの革命的分子に多大な資金や武器を供給し、これを援助することによって、少なくとも結果においては、帝政ロシアをくつがえす過程にあって、レーニンやトロツキーにまさるとも劣らぬ役割りを果たしたともいえる。 ...
  • 典膳は以前は御旗本として折々幕府御用商人が当局者に取入ろうと種々裏面工作をするのは見てきている。 ...
  • この、明るみに出たら醜聞になることをまぬがれない陋劣ろうれつな裏面工作が、長年教育界に巣食った古狸ふるだぬきの政治的解決だったのだ。 ...
  • さらに、謀略の天才曹丕に裏面工作をさせるのである。 ...
  • かねて半兵衛重治の献策で、戦局の裏面工作に打ち込んだ一計がある。 ...
  • 満洲建国前の甘粕は、憲兵と組んで裏面工作に当っている。 ...
  • 次へ