裏切り

全て 名詞 動詞
3,892 の用例 (0.01 秒)
  • 他の女性を好きになったことを、裏切りだとは理加子は決して思わない。 姫野カオルコ『ドールハウス 処女三部作1』より引用
  • 云わば自分の大目的に申し訳のない裏切りをちょっとして見た訳になる。 夏目漱石『坑夫』より引用
  • かれは越智の一党から、すっかり裏切りもの扱いをうけているのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • 特に事故や災害、人間関係の裏切りなどには注意しなければなりません。 高尾学館『天中殺占い』より引用
  • 彼女の愛が彼女自身を裏切り、その愛のために彼女は命を失ってしまった。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • こんな可愛い態度をとりながらも、 俺の裏切りを恐れているというが。 きゃんでぃそふと『つよきすACT G』より引用
  • 佐七のこんどの裏切り行為には、豆六もそうとう頭にきているのである。 横溝正史『人形佐七捕物帳 13』より引用
  • この不意の感情の裏切りにはしかし引き入れられるような誘惑があった。 有島武郎『或る女』より引用
  • もしそれが神への裏切りだと言うんなら、どうとでも裁きを下すがいい。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 僕の希望的観測を裏切り、姫路さんが上体を起こしてこちらを見ていた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 05』より引用
  • 小寺氏は何も知らずに居て、女の裏切りに腹を立てているかもわからない。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 降伏するという行為は、死んでいった者たちへの裏切りにほかならない。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 人類の一員であるはずの自分に、そんな裏切りが許されるとでもいうのか。 鈴木光司『らせん』より引用
  • ある日、お父様はあなたを裏切り、あなたは我慢できなかったでしょう? サガン/朝吹登水子訳『悲しみよこんにちは』より引用
  • どういうわけか、自分のしたことが裏切りであるかのように感じた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • といっても、それは決して裏切り行為を意味しているわけではない。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • 私は、仲間を裏切りそのうえ生きて居れるほどの恥知らずではなかった。 太宰治『虚構の春』より引用
  • ああ、世間の人はあまりにも多くの裏切りや、不信実について語ります。 キェルケゴオル/芳賀檀訳『愛について』より引用
  • 彼らは、裏切り防止のために、お互いの犯罪の証拠を保有し続けていた。 神永学『コンダクター』より引用
  • そしてその裏切りが、彼女の隣に立つ人々を傷つけないようにするために。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 次へ »

裏切り で始まる単語