被包括

28 の用例 (0.01 秒)
  • 被包括宗教法人が包括宗教法人から独立して単立宗教法人となることもできる。
  • 宗教法人には単位宗教法人と包括宗教法人があり、単位宗教法人は被包括宗教法人と単立宗教法人に分類される。
  • 神社本教の被包括宗教法人は京都市内の神社に限られず、府内や奈良県や三重県にも数社存在する。
  • 多くの神社庁は宗教法人となっており、その場合は、神社本庁の被包括法人である。
  • 旧社格は村社で、現在は神社本教の被包括法人となっている。
  • 第二次世界大戦以降も、神社本庁被包括の神社については、例祭日を変更する場合は神社本庁の承認を受ける必要がある。
  • 第二次世界大戦後には本末制度が解体され、宗派の被包括寺院として末寺が独立したことで、急速に力を失った。
  • また、単位宗教法人のうち、包括宗教法人もしくは非法人の包括宗教団体の傘下にあるものを被包括宗教法人といい、そうではないものを単立宗教法人という。
  • 戦後は神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、後述のように平成22年に神社本庁に属さない単立神社となった。
  • 中郡甲斐神社という神社名は戦後、神社本庁の被包括宗教法人として昭和28年に宗教法人成立の際に当時の代表役員によってつけられた宗教法人上の神社名であり、正式な神社名は甲斐神社である。
  • 例えば、仏教では宗派が包括宗教法人に、本山や末寺が被包括宗教法人にあたる。
  • 金刀比羅本教は神社本庁に属さない独立した包括宗教法人であるが、金刀比羅宮自体は神社本庁の被包括法人であり、別表神社に指定されている。
  • 旧官国幣社で、1948年以降に本庁被包括となったものについては、被包括関係を設定した年を記載している。
  • その場合でも、その都道府県下の神社は神社庁ではなく、直接に「神社本庁」の被包括法人となる。
  • 宗教法人時宗は、被包括法人である末寺の所在地によって26の教区に分けている。
  • このような経緯のため、靖国神社と神社本庁とは包括・被包括の関係にないながらも密接な協調関係を保っている。
  • しかし、2010年8月23日、再び神社本庁は明治神宮の被包括関係を設定した。
  • 明治神宮は第二次世界大戦後、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、2004年に神社本庁との包括関係を解消し、単立神社となった。
  • 旧官国幣社のうち、以下に掲げる各社は神社本庁と被包括関係にないため、別表神社ではない。
  • 狭義には奈良県天理市に本拠地を置く包括宗教法人およびその傘下の被包括宗教法人を指すが、広義には中山みきが伝えた教義そのものを指す場合があり、信仰する単立の宗教法人もある。
  • 次へ »

被包括 の使われ方