被る

全て 動詞
1,402 の用例 (0.01 秒)
  • 多数の敵機に頭を被られてはどうにもならないのはだれでも知っている。 御田重宝『特攻』より引用
  • それに、わたくしは面を被って刀を振った経験がほとんどございません。 舞阪洸『サムライガード』より引用
  • あたりが暗くなり始めた道を、少女が一人、帽子もかぶらずに歩いていた。 今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』より引用
  • 特別番組は放送時間内に被る場合は内容の変更を行った上で進行する。
  • このまま死ぬまで布団をかぶっていたいと思う日が、年になん度かはある。 口有介『風 少 女』より引用
  • 運転手はびっくりした顔でお金を受け取り、運転席で帽子をかぶり直した。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • そこに海軍毛布を被って寝ていると思ったお千の姿が見えないのであった。 海野十三『棺桶の花嫁』より引用
  • かぶっていた手拭を取って火の傍へ寄った女は、あいやまのお玉であります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • ここにおいてか主人は今まで頭からかぶっていた夜着を一度にねのけた。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 兄さんはこの暑いのに帽子もかぶらずにどこかへ飛び出していったのです。 夏目漱石『行人』より引用
  • 兄さんはこの暑いのに帽子もかぶらずにどこかへ飛び出して行ったのです。 夏目漱石『行人』より引用
  • 姿はたちまち見えなくなったが、縁のある大きな帽子を被った女であった。 松本泰『P丘の殺人事件』より引用
  • この際、まずヒットの発生によってどれだけの損害を被るかを計算する。
  • ラジオつきの珍しい帽子で、自転車に乗るときケリはいつもかぶっていた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • なぜあたくしどもがそれほどの損害を被らなくてはいけないのでしょう? 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • なるほど帽子をかぶっていたものはこの広い演奏場に自分一人である。 夏目漱石『野分』より引用
  • そう言って、帽子になっている部分をすぽんと頭に被ってにこっと笑う。 同人『十二国記』より引用
  • どうしたわけか、金博士は、頭の上から肩のへんにひどく泥をかぶっていた。 海野十三『大使館の始末機関』より引用
  • 通常、式神が目に見えないというのは、この隠れみのを被っているためだ。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • これがテレビで公開されれば、げん政権は致命的ちめいてき打撃だけきこうむることだろう。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集04 同情できない四面楚歌?』より引用
  • 次へ »