被せる

全て 動詞
315 の用例 (0.00 秒)
  • 山田がその時何か云おうとするのを彼女は押っ被せるようにして云った。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • まばたきの仕方が人間とは異なり、下から上に被せるようになっている。
  • そして、電球に被せてある黒い紗の布がいつまでも眼の中に残っていた。 豊島与志雄『蘇生』より引用
  • 被害者は全て頭部が無く、代わりに袋が被せられているという謎の事件だ。
  • 後に、小さなバスケットを上部に開けた小さな穴に被せるものが現れた。
  • それ位いの程度において画家は自然の上に自分の心をおおかぶせている。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • シリーズでは初めて、効果音がまったく被せられない形で制作された。
  • しかしあらぬ罪を被せられたジェリーにとっては不愉快で仕方なかった。
  • 死体はまだそのままの位置にあったものの、シートが被せられている。 森博嗣『G 03 τになるまで待って』より引用
  • そしてそれを雷太の頭から頬にかけてかぶせると、両端をあごの下で結んだ。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 問題のカップは、カウンターの上に、白いタオルを被せて置いてあった。 綾辻行人『十角館の殺人』より引用
  • 輝く黒髪の上に女の一人から花の冠を被せて貰いながら、彼女はいった。 ジェイムズ・ブリッシュ『07 小惑星回避作戦』より引用
  • 錦の布がかぶせられていたが、その下に何が置かれているのかは明らかだった。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 景王は慌てて被せられた雨衣を返そうとしたが、利広は笑って首を振った。 同人『十二国記』より引用
  • シートが被せられた死体は、ロッカの前と、反対側の戸棚の前にあった。 森博嗣『G 05 λに歯がない』より引用
  • 土手沿いの桜並木は舟の上からは薄紅色の真綿をかぶせたようにも見える。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 引導をわたしつつ死体に草をかぶせ終えると彼は急いでその場を離れた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 5) 太閤殿下の定吉セブン』より引用
  • 言う通りにすると、彼女は私が喋った後、壺に紙をかぶせて封印しました。 原田宗典『旅の短篇集 春夏』より引用
  • 黒い布を被せた茶色い木の箱が、台に載って僕たちの方を向いている。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • また多くの場合丸太の先端を補強し威力を増すために金属が被せられた。
  • 次へ »