袖畳み

全て 名詞
6 の例文 (0.00 秒)
  • その時袖畳そでだたみにして下女が衣桁いこうへかけて行った縕袍どてらが眼にった。 ...
  • そして軽く袖畳みにし、ベッドの上に置いた。 ...
  • 捨て散らした着物を袖畳みしてから、お新さんはまたそこで想い乱れて息をはげしくつめ、冷たく淀んだ部屋の気配に纏われ動かなくなった。 ...
  • 宗近君は米沢絣よねざわがすりの羽織を脱いで、袖畳そでだたみにしてちょっと肩の上へ乗せたが、また思い返して、今度は胸の中から両手をむずと出して、うんと云う諸肌もろはだを脱いだ。 ...
  • 鼠地ねずみじのネルを重ねた銘仙めいせん褞袍どてらうしろから着せるつもりで、両手でえりの所を持ち上げたお延は、拍子抜ひょうしぬけのした苦笑と共に、またそれを袖畳そでだたみにしてとこすその方に置いた。 ...