袖中

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 劉表は腕を袖中にして皇帝の奪い合いを望見しており、と、少しは野心もあったのであろうが、あまりにも戦さが遠いので平和ボケしてしまい近頃は「武装中立の一大勢力」という称で満足してしまっていた。 ...
  • 春好斎北洲の門人で大坂の人とされているが、『袖中都名所記』の奥付には編者の池田東籬とともに「洛士」、すなわち京都の人と記されている。 ...