衰えさせる

30 の用例 (0.00 秒)
  • 三十三歳という女の年齢が着実に吟子の記憶力と体力を衰えさせていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 息子の死が、この人を急に衰えさせてしまったのではないだろうか。 赤川次郎『悪魔のような女 懐かしの名画ミステリー2』より引用
  • それが知らず知らずのうちに自分の技を衰えさせていたのだ。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • ロンドンの生活でパンと馬鈴薯の食事は家族の健康を衰えさせるばかりであった。 宮本百合子『カール・マルクスとその夫人』より引用
  • それは彼女の体をじりじり衰えさせて行くものにちがいなかった。 堀辰雄『風立ちぬ』より引用
  • 心配苦労ほど、からだと魂を衰えさせるものはありませんから。 佐藤正彰訳『千一夜物語 03』より引用
  • 時の手がかつてはあんなに精力絶倫だったこの人を衰えさせてしまっていた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 武士の権威を取り戻すには、武士よりも町人の力を衰えさせるのが簡単だ。 高橋克彦『だましゑ歌麿』より引用
  • その力を衰えさせることもなく、悠久の時を眠り続けて、いまに蘇ったのだ。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • しかしながら、昭和末期より、投げゴマは次第にその勢力を衰えさせ始める。
  • 特に旗人の中核を占める満洲人は満洲語や民族文化を失って武芸を衰えさせた。
  • 少しずつ彼女を衰えさせる連続的の微熱も、消えてしまった。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • 何が藤次郎をこれほど急激に衰えさせてしまったのだろう。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • 雷を伴った集中豪雨は竜の炎を衰えさせていく。 池上永一『レキオス』より引用
  • そのことが、さらに井崎を疲れさせ、井崎の体力を衰えさせてしまう。 山口瞳『人殺し(下)』より引用
  • 瀉血は体にいいというのだが、血を抜いて、女に対する慾望を衰えさせることが真の目的だ。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • そのことがあってから、伝吉は急に気力を衰えさせていった。 もりたなるお『土俵に棲む鬼 相撲小説集』より引用
  • 木々の間から差す西に傾いた日は、しかし夏の陽光で明るさを衰えさせない。 川上稔『AHEADシリーズ 06 終わりのクロニクル③〈中〉』より引用
  • そしてモンゴルの侵攻はポーランド人のハールィチ・ヴォルィーニへの影響力を衰えさせた。
  • 彼女は女王の信頼が厚かったのでこのことが女王の気力を衰えさせて死期を早めたのではないかとも言われる。
  • 次へ »