表記も多く見られる

17 の用例 (0.00 秒)
  • フランス語の読みにより近い「ピオリーヌ」という表記も多く見られる。
  • 彼の名前は、日本語では「ニコラ・マウー」の表記も多く見られる。
  • 日本の報道では「中国鉄道省」の表記も多く見られる。
  • しかし、公式サイトでは「ポップくん」という表記も多く見られる。
  • 日本ではヨゼフ・シゲティという表記も多く見られる。
  • 日本語では「アラバン・レゼー」の表記も多く見られる。
  • 日本語では「サイモン・アスペリン」の表記も多く見られる。
  • 日本語では「ジュリアン・ノウル」の表記も多く見られる。
  • そのためなのか、「出来杉英才」の誤表記も多く見られる。
  • 他国のダービーと区別するために、特に欧米ではエプソムダービー()という表記も多く見られる。
  • 日本語表記においては、一般に「サラエボ」や「サライェヴォ」などの表記も多く見られる。
  • 名前のカタカナ表記については「フーベンス・ゴンサウヴェス・バヒケール」という表記が実際の発音に近いほか、姓について日本国内では「バリッケッロ」といった表記も多く見られるが、本記事では日本国内で一般的な「ルーベンス・バリチェロ」の表記で統一する。
  • 「惠」を使う方が本来の表記とされるが、新字体の「恵」を用いた「小野 文恵」の表記も多く見られる。
  • 現代では「暗視装置」と呼称/表記されることが一般的であるが、時代の古い資料や書籍などでは「ノクトビジョン」「ナクトビジョン」の表記も多く見られる。
  • 「パーンフォース」の表記も多く見られる。
  • 「カニャス」の表記も多く見られる。
  • 「脊柱側彎症」や、異体字の「側弯」表記も多く見られる。