衣鉢

全て 名詞
97 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は自分の衣鉢をつぐことのできるのは、曹植だと考えていた。 ...
  • 信長の衣鉢いはつは、まさしく、秀吉によって継がれたものといっていい。 ...
  • 彼らの衣鉢いはつの真の継承は、その形式の反復にあるのではなく、その精神の進展にあるのである。 ...
  • そこは慈念のもってきた衣鉢と文庫のわびしい荷物だけぽつんと置かれてある。 ...
  • 悪魔の弟子が師匠ししょうの死後、みずから師匠の衣鉢いはつをつがなかったとはだれがいえよう。 ...
  • 民藝の美への正しき認識、このことなくして茶祖の衣鉢を伝えることはできないはずです。 ...
  • 彼の衣鉢を継ぐことは誰にもできず、彼の死は古楽の音楽運動への悲劇的な損失であると指摘された。 ...
  • 彼の衣鉢いはつを伝えた乾山においてもそうである。 ...
  • 大先輩ヴィドック氏の衣鉢いはつをついだルパン物語の楽しき嘘はここにはじまっている。 ...
  • しかしそれで主流派が収まる訳もなく、慧能は衣鉢を嗣いで南へ逃げる訳です。 ...
  • 父の衣鉢いはつはうけず、勢威だけを受ける気でいた。 ...
  • その稽古腰の強いこともたしかに翁の衣鉢いはついでいた。 ...
  • 伏見屋の金兵衛は、この惣右衛門親子の衣鉢いはつを継いだのである。 ...
  • 小共は間もなく死ぬが、英世は韓龍雲の衣鉢をいつか他の誰かに伝えなければならないという使命感を持つようになる。 ...
  • 翌年5月に同郷の周信が相模の善福寺に入院しようとしたときには、その衣鉢侍者を務めている。 ...
  • 福武直の衣鉢を継いで農村研究を行い、これを地域社会論へと広げ実証研究に成果をあげた。
  • しかし誰が最も的的てきてき芭蕉ばせを衣鉢いはつを伝へたかと言へば恐らくは内藤丈艸ないとうぢやうさうであらう。 ...
  • 次へ