衝突する危険

28 の用例 (0.00 秒)
  • 互いに衝突する危険はないのだろうか。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 発艦は容易であったが、短い飛行甲板と艦の中央を占領している構造物に衝突する危険性から、着艦は不可能な状態であった。
  • これまでに数回間違った警報が出ているが、多くの小惑星が地球に衝突する危険性があることが知られている。
  • ともに計器飛行方式で飛んでいた上に高度差が1000フィートあったため、衝突する危険性は全く無かった。
  • 下手へた潜望鏡深度せんぼうきょうしんどに上がろうとしたら、商船に衝突しょうとつする危険さえある。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • 新道を行けば、奈良城勢に、正面衝突する危険もあり、また、さまざまの障害が設けてあるはずであった。 柴田錬三郎『われら九人の戦鬼 (下)』より引用
  • それだけでなく、着艦機が甲板上の駐留機と衝突する危険が多く、着艦作業時には可能な限り既に着艦した機体を甲板から格納庫へと移動する必要があり、運用上での制限が大きかった。
  • 内側に開くものと外側に開くものがあるが、外側に開くものはホームにいる旅客に扉が衝突する危険があり、あまり用いられなくなった。
  • 空中衝突防止装置とは、航空機同士が空中衝突する危険を抑える目的で開発されたコンピュータ制御のアビオニクス装置である。
  • 行き違い施設では、列車が停止位置を冒進して本線に出てしまうと、対向列車と正面衝突する危険がある。
  • この地方ではクロアチアとセルビアの本国の軍が直接衝突する危険性があったものの、大規模な衝突はこの地では引き起こされなかった。
  • 天体が地球に衝突する危険性の見積もりは2つある。
  • 液酸タンクの円筒部と供給管は氷の凝着を予想してそれに十分耐えられるように設計されているが、軌道船は発射の際の衝撃で落下してくる氷の破片と衝突する危険性は免れ得ない。
  • その定義上、全ての地球横断小惑星が地球近傍小惑星であり、将来的に地球に衝突する危険性がある。
  • NASAは今後地球に衝突する危険性がある小惑星のリストを公開しているが、そのうちほとんど全ては軌道計算の確定に伴いリストから外れる公算である。
  • 中でも鹿児島での砲撃は、折からの満潮時にぶつかり、岩に衝突する危険があったという。 三浦綾子『海嶺(下)』より引用
  • 太陽を中心とする地球の公転軌道に対し、交叉したり接する軌道を持つことで地球に極めて接近する、即ち将来的に衝突する危険性のある天体を地球近傍天体と呼び、その数は1万個を超えている。
  • 密集するデブリと衝突する危険があるので、ウェイブライダー形態への変形は行わない。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • 乗員が車体構造によって覆われていないことは、衝突の際に乗員が直接対象物に衝突する危険性があるほか、車上から放り出された乗員が二重、三重の衝突に巻き込まれやすい。
  • 現在では道路交通量が増加し、路面電車が交差点で右左折を行う場合に通常の青信号に従って右左折したのでは道路上の直進車と衝突する危険性が高いため、青信号のときに右左折するのではなく、他の交通を赤信号でいったん止めるか、運行に影響のでない方向を青にした上で路面電車が右左折を行う方式が採られている。
  • 次へ »

衝突する危険 の使われ方