衝動を抑える

54 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女がこれまで殺人の衝動を抑え切れなかったのがわからないのか? カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • かなり長い間、殺人の衝動を抑えていられるということも考えられる。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • わたしはそんな衝動を抑えきれずに、思わず大きな声で挨拶あいさつをしてしまった。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 僕は彼女の胸や太ももに手を伸ばしたい衝動を抑えるのに必死だった。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • いまの宗介はテッサを強くめたい衝動しょうどうおさえつけるので精一杯せいいっぱいだった。 賀東招二『フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム』より引用
  • 私は跳び起きて後を追いたい衝動を抑えて、やみの中で息を殺していた。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • そんなモノを前にして、おまえの理性が衝動を抑えきれる筈がないんだ。 奈須きのこ『月姫 温かな午睡(秋葉・トゥルーエンド)』より引用
  • その人々の中で多分私は最初の衝動を抑える力に一番欠けている一人だろう。 ベルナノス『田舎司祭の日記』より引用
  • 久美子は頭を振って、その衝動を抑えると、さらに廊下の奥へ向かった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • あれほど気をつけていたのに、やむにやまれぬ衝動を抑えられなかったのだ。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • 第一、子どもたちのために何かを犠牲にしたり、衝動を抑えたという記憶もない。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • どーしても衝動しょうどうおさえられなくなったら、まず文学少女であるわたしに相談してっ。 野村美月『文学少女シリーズ11 “文学少女”と恋する挿話集2』より引用
  • そして今のままなら、いずれさつきは吸血衝動を抑えきれなくな る。 奈須きのこ『歌月十夜 50 昼も空に月の光』より引用
  • なぜその衝動をおさえられたのか、自分でもよくわからない。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第03巻』より引用
  • さっきと同じように小津は逃げだしたい衝動を抑えながら、ベルに指を当てた。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • それでも、最後に残ったちっぽけな理性が、その衝動を抑えてくれている。 奈須きのこ『月姫 白日の碧(シエル・トゥルーエンド)』より引用
  • 白純里緒という意志が残っているのなら、残っているうちは衝動を抑えられる。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 鞄を開けたくなる衝動を抑えながら、おれは携帯をゆきにつないだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター16 エイリアン蒼血魔城』より引用
  • しかし、その衝動を抑えさせることだけでは充分ではない。 フォス『日本の父へ』より引用
  • 逃亡者は一端逃げるという衝動を抑え、その救いの主をじっと見つめる。 成田悪悟『FAKE/states night』より引用
  • 次へ »

衝動を抑える の使われ方