街を歩く

297 の用例 (0.00 秒)
  • 今夜は街を歩いて彼がいそうなところを当てもなく開拓してみましょう。 川上稔『『SATIE日誌』 [小説] [都市シリーズ] web作品』より引用
  • その晩は孟が元を宿まで送って行こうというので、ならんで街を歩いた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 娘に気づいたのは、電車から降りて、駅前商店街を歩きだした時だった。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • 街を歩いているうちに、頭の中で全然関係のない風景や出来事が繋がる。
  • 街を歩く観光客もレンタルで借りた着物で思い思いの格好をしていたな。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 敏之が亡くなってから、男性と肩を並べて街を歩いたことさえないのだ。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • それでもやはり、こうして一人で街を歩いていると、一人がいいと思う。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • やっぱり映画の帰りに、一人で商店街を歩いていたら声をかけられたのだ。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • 見たこともない、いくつものほかの街を歩き、また、ほかの街を歩いた。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • 見たこともない、いくつものほかの街を歩き、また、ほかの街を歩いた。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • 街を歩いてすれ違う人たちの多くはエヴァートンのファンの人たちです。
  • 受診が終わると食堂で食事をし、二人は札幌神社の宵宮祭の街を歩いた。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 北京や上海のやつらが大手を振ってこの街を歩いていたころだったらな。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 服装も奇抜な修道服などではなく、普通に街を歩いているような格好だ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第07巻』より引用
  • 街を歩いていて尿意を覚えたときには、パチンコ屋を利用させてもらう。 吉行淳之介『贋食物誌』より引用
  • ソフトをかぶってマントを着てまちを歩いていたあなたを思い出します。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • きょうも、この問題を考えながら、日出町一丁目の商店街を歩いていた。 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』より引用
  • まだ殺人鬼は捕まってもいないっていうのに、懲りずに街を歩いている。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • この夜、国王はお忍びで城を抜け出して魔法街を歩いていたからである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • マスコミの取材マンだけは、廃墟はいきょのようになった街を歩きまわっていた。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • 次へ »