街を彩る

13 の用例 (0.00 秒)
  • その過程で街をいろどる電飾と街灯の数は増えていく。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第01巻 リグザリオ洗礼』より引用
  • 目の前には濃い藍色の東京湾が広がり、その向こうに、ビル街を彩る光の海が横たわっている。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 中国に来てまだ一年半にしかならないのに、メーデーや国慶節といった中国の国家的行事の際、上海の街を彩る花々の二割を、この日本人男性が生産しているのだという。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • この時代には裕福な商人と地方貴族が争うように豪華なヴェーザールネサンス様式の建築物を建設し、それらは現在も街を彩っている。
  • 春になると佐奈川や音羽川、桜トンネルの桜が咲き、街を彩る。
  • 移民の波は常に、この街を彩ってきた。
  • 昭和初期のエロ・グロ・ナンセンスの世相の中、夜の街を彩る存在として、カフェーは小説などの舞台にもなった。
  • こうした中で今和次郎らが「バラック装飾社」を設立し、商店などのバラック建築をにぎやかにデザインして街を彩った。
  • 夜の水面に、春・夏は鮮やかな昼白色、秋・冬は暖かな淡いオレンジ色の光に照らし出される萬代橋は、夜の新潟の街を彩る風物詩となった。
  • 以来、毎年年末の街を彩る風物詩として親しまれるようになり、俳句の季語としても定着している。
  • 名古屋テレビ塔は観光スポットであり、テレビのデジタル化に伴ってテレビ電波送信塔としての役割は瀬戸デジタルタワーへ譲ったが、夜間のテレビ塔へのスポットライトも街を彩る。
  • この時代にはシュヴァルツェンベルク宮殿、シェーンブルン宮殿などバロック的な宮殿があいついで建設され、ウィーンの街を彩ることになった。
  • テレビ塔は、夜間ライトアップされ街を彩る。