術を習う

20 の用例 (0.00 秒)
  • それで海軍伝習所の水夫に選ばれて、長崎でオランダ人に航海術を習った。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • 憶えているのは、外浦さんが目下速記術を習っていると云っていたことです。 松本清張『迷走地図(上)』より引用
  • 母には言わなかったが黒谷が彼女に近づいて行く理由は決して、犬の理髪りはつ術を習うのではないような気がしてならなかったのである。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 山野に寝泊まりすることは、剣や体術を習うと同じくらい、昔から受けた教育の一つだった。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • 樊深は姓名を変えて、汾州と晋州の間を遊学し、天文と算暦の術を習った。
  • それが終わると、十二人の仲間といっしょに、今度は風の長の手ほどきを受け、天気や風をあやつる術を習った。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • 催眠術を習ったりしたのも、本来はその病癖を直す目的だったのが、つい深入りしてしまったのでしょう。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • だから妾、発奮して美容術を習って二、三年後になって君と妾とだけの生活の道をつくっておきたいと思ったので、じつは丸の内の山根さんのところへ二年間内弟子にしてもらうことに決めたわ。 吉行エイスケ『職業婦人気質』より引用
  • ともかく間違いのない事実として、汽船による北太平洋横断に試練時代に、やっと航海術を習ったばかりの日本人の手で、東から西への無寄港横断が実現されたのである。 服部之総『咸臨丸その他』より引用
  • 空手などの護身術を習う者も増えた。
  • ある日悦生は、金陵へ友人をたずねていく途中、古棠ことうというところで、万衲子まんどうしという道士にあい、長亀久戦ちようききゆうせんの法という房術を習うのである。 駒田信二『好色の勧め』より引用
  • 玉子を取る外に肉用鶏を飼えば何時いつでもつぶして食用になりますし、あるいは去勢術を習ってケーポンも出来ますし、羽を溜めて羽蒲団はねぶとんにもなりますし、それはそれは色々の利益がございます。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 学院で神聖術を習うようになって、ユージオはアリスの異才を今更ながらに実感させられている。 九里史生『SAO Web 0402 第四章~第六章』より引用
  • それも当然、ただ泳ぐことだけが目的ではなく、そこで潜水泳法や着衣泳法、水中格闘術を習ったりするからだ。 舞阪洸『サムライガード』より引用
  • イズミから錬金術と同時に格闘術を習っており、戦闘では錬金術と格闘術を駆使し、臨機応変に戦う。
  • 柔道と逮捕術を習った。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • いずれにしろ、庄三郎が測量の術を習っているのは、御手洗の婿になった暁には、習いおぼえた測量術を勤めに役立てようという、殊勝な心がけだと思われた。 藤沢周平『玄鳥』より引用
  • 長州藩からは松島剛蔵・福原清助らが参加し、船匠の藤井勝之進も造船術を習った。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • 喜和どのから、忍びの術を習うてやる。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(下)』より引用
  • イミの父親サミュエル・リヒテンフェルドは、ブラティスラバ警官隊の警部で、部下達に護身術や制圧術を教えており、イミもサミュエルから護身術を習った。