行雲流水

全て 名詞
40 の例文 (0.00 秒)
  • 力が入っていながら行雲流水のような自由で自然の態度を備えている。 ...
  • すべて人は行雲流水で公衆ベッドを利用できるように修養せずばなるまい。 ...
  • 行雲流水 空をゆく雲と川を流れる水のように、執着することなく物に応じ、事に従って行動すること。 ...
  • 物に執着せず、行雲流水の生活で奇行が多かったが、芭蕉に愛された。 ...
  • ソノ子のお尻の行雲流水の境地には比すべくもないのである。 ...
  • 我ながら一点の曇りもない計画で、じつに行雲流水のごとく、その展開は見事なまでに自然だ。 ...
  • そのうちに、ソノ子が行雲流水から戻ってきたから、本堂へよんだ。 ...
  • しかし少年の一点のひがみも屈託くったくもない顔つきと行雲流水のような行動とは人々の心に何か気分を転換てんかんさせ、生活に張気を起させる容易なものがあったらしい。 ...
  • 「このさきは行雲流水こううんりゅうすい、風月を友にして諸国を歩くさ」 これも、本心である。 ...
  • 行雲流水の身となられたのじゃ。
  • われわれ自由意志をもっているものが、そういうような生活になれば、それでいいのだということを申しましたが、一枚の生活というと「行雲流水」雲水、雲や水のように私がなったわけであります。 ...
  • 行雲流水の身の上だ、私は雲のように物事にこだわらないで、流れに随って行動しなければならない。 ...
  • もう一口説明しますと、西洋の開化は行雲流水のごとく自然に働いているが、御維新後外国と交渉をつけた以後の日本の開化は大分勝手が違います。 ...
  • 朱実が常に想像している武蔵は、行雲流水の修行者であった。 ...
  • 行雲流水、心動くときは動かし、動かざれば動かしたまわず、と古い本には感心して書いてある。 ...
  • 海の上の行雲流水ですが。 ...
  • すべてはハッキリとわりきれており、要するに、お尻というものが天下を行雲流水しているだけのことである。 ...
  • 次へ