行為に手を染め

21 の用例 (0.00 秒)
  • 各地で残虐行為に手を染めたが、ロマの呪いをかけられ魂を得る。
  • 一般市民としての生活に慣れないヴィニーは犯罪行為に手を染め続け、ついに自動車の窃盗で逮捕される。
  • かつての宿敵がわけのわからない行為に手を染めているというのは、言葉にしがたい複雑な気持ちをもたらしてくれたが、だからと言って、私が彼女に対してできることがあるわけではない。 西尾維新『花物語』より引用
  • すでに重大な違法行為に手を染めてしまった以上、この近辺で給油をするわけにはいかなかったからだ。 貴志祐介『天使の囀り』より引用
  • 俺のところにはいまは足を洗っているが、かつては犯罪行為に手を染めムショにぶち込まれた人間も少なくはない。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 宮永がスパイ行為に手を染めた動機は、自分でソ連から情報を取ろうとしたためと言われている。
  • こんな卑怯卑劣な行為に手を染めては、騎士たる者の名誉も誇りも地に堕ちるはずだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • すなわち、何々狩りと俗称される犯罪行為に手を染めたのだ。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 同校在学中にレディは何件かの違法行為に手を染めている。
  • この国には株でもうけたり会社を興したりして、若いながらもがっつりかせいでいる学生もいるが、それと同じかそれ以上に、犯罪行為こういに手を染めている若者も存在するからだ。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • これは子供たちが、他人からの保護も無く独力で生活する上で、しばしば犯罪行為に手を染めたり、あるいは自身の危険を顧みずに道路上にまで飛び出していって物売りをする、または生活苦から児童売春といった行為にまで及ばなければならないといった面で、社会問題となる傾向を含むためである。
  • 組織あるいは組織を支配する立場の人が、己の利権や利益を追求するあまり、組織の構成員を巻き込んで意識的に法令を無視し不正や悪事などの各種犯罪行為に手を染めてしまう例が多々ある。
  • たわいのない喧嘩程度で済んでいるうちはいいが、こうした荒っぽい言動がどんどんエスカレートしていって、そのうち取り返しのつかない犯罪行為に手を染めないとも限らない。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • 犯罪行為に手を染めながら同民族の力を借りてアイデンティティを保ち、周囲の恐怖と尊敬の視線を集めるヴィトーは絶対的な「ゴッドファーザー」である。
  • 大抵はこれらの行為に手を染めている者は、渡来目的そのものが犯罪行為であると考えられるが、近年では本人も知らない内に密輸入の運び屋にされたり、多額の報酬に目が眩んで、国内の犯罪組織等と国外のバイヤーを結ぶ輸送を請け負ってしまう、また食を欠く程に困窮して犯罪集団に手を貸してしまうケースも起きている。
  • それに、非合法な行為に手を染めたクラッシャーは、クラッシャー自身によって処断されている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ05 銀河帝国への野望』より引用
  • 銀行ギャング事件のニュースは熱海事件後に解禁されたが、共産党が銀行強盗という犯罪行為に手を染めていたという事実は、大衆に共産党への不信感を与えるとともに獄内の党幹部たちに多大な衝撃をもたらし、翌1933年半ばの佐野学・鍋山貞親の転向声明に始まる党員の大量転向に道を開くことになった。
  • 一部のアルバニア民族主義者達は、ナチスの武装親衛隊に入隊するなど、対独協力を行い、セルビア人やユダヤ人に対する虐殺行為に手を染めた。
  • 数々の違法行為に手を染めながら寧搏との友情の絆を断ち切ることが出来ない程浩は、寧搏を自分の側に置くことで疑惑の追及を避けたいと画策する。
  • それ以外にも虐殺などの残虐行為に手を染め、ヴィシー政権の首長だったフィリップ・ペタンがダルナンに自制を求めたくらいである。