行政代執行法

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 行政代執行法について以下では、条数のみ記載する。 ...
  • このようなことから、行政上の強制執行について、一般的な根拠法として行政代執行法及び多くの法律で準用される事実上の根拠法として国税徴収法があるほか、土地収用法第102条の2などのように、それぞれの行政法規のなかに具体的に規定されている。 ...
  • 行政代執行法三条において、「代執行に要する費用の概算による見積額を」と記載。 ...
  • そこで、昭和23年になって、行政代執行法附則第2項によって行政執行法は廃止された。 ...
  • これにより空港建設は公共事業として扱われ、地権者の意思にかかわらず、千葉県収用委員会の採決を条件として、土地収用法第102条の2第2項の規定により、千葉県知事の権限で行政代執行法の手続きのもと必要な土地を収用することが可能になった。 ...
  • 一坪共有地では日本社会党議員など一坪地主が座り込みを続けており、「砦」と呼ばれた3カ所の団結小屋には反対派住民と支援グループが立て篭もっていたが、警備部隊は行政代執行法に基づいてこれらを排除すべく、行動を開始した。 ...
  • 九地建が砦の工作物を除却する法的根拠としているのは河川予定地制限令第三条違反であるが、その執行に当たっては該当工作物を一個ずつ特定した上で河川法第二二条による更正命令、行政代執行法第三条第一項による戒告、更に第二項による代執行令書という煩雑な手続きを経なければならない。 ...
  • これは、行政代執行法1条が、行政上の義務履行確保についてその根拠は個別の法律及び同法に置くと定めており、また同法2条が私人に義務を賦課する根拠規範としての法律を挙げ、さらに括弧書きを付して委任命令及び条例を挙げているので、その反対解釈によるものである。 ...
  • 行政代執行法は、行政上の強制執行方法の一つである行政代執行の要件と手続を定めた一般法である。 ...
  • 翌日5月28日に参議院本会議に移った本案は、行政代執行法の施行に伴う関係法律の整理に関する法律案と一括して採決が行われ、結果、総員起立で委員長報告通りこれを可決するに至った。 ...
  • すなわち、代執行については行政代執行法が通則法となっているが、執行罰、直接強制については通則法がなく、個別的規定が存在するにとどまっている。 ...
  • 行政執行法5条1項2号は、不代替的作為義務や不作為義務について、一般的に執行罰の方法による強制執行を認めていたが、1948年の行政代執行法の公布・施行により、行政執行法は廃止されている。 ...
  • 不法占拠者等が、本法に基づく除却命令に従わない場合、管理者たる行政庁は、行政代執行法に基づく行政代執行の手続を執ることができる。 ...
  • 新憲法に基づく刑事訴訟法の全面改正や警察組織の抜本改革、国家行政組織法とそれに基づく中小企業庁・石炭庁・建設省・海上保安庁・水産庁・経済調査庁といった各行政庁の設置法、教育委員会法、日本学術会議法、警察官職務執行法、行政代執行法、地方財政法、検察審査会法、軽犯罪法、風営法などがそれである。 ...
  • 行政代執行法、警察官職務執行法、土地収用法、財政法、会計法、国税通則法、国税徴収法、行政手続法などである。 ...