行徳塩田

27 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸時代から明治時代にかけて、この地域には行徳塩田が広がっていた。
  • それでも地廻りの塩としては行徳塩田とともにその名を知られていた。
  • 関東地方で最も大規模に製塩が行なわれ、行徳塩田で作られた塩は行徳の塩と呼ばれた。
  • 行徳には、かつて行徳塩田と呼ばれる広大な塩田が広がっていたことで知られている。
  • 江戸時代には行徳塩田が設置され、水上交通の要所でもあった。
  • 寛永6年、千葉の行徳塩田から江戸への塩の搬入路として新川が開削された。
  • 行徳での塩の生産は戦国時代には行われていたが、徳川家康は万が一の際に江戸城が必要とする塩を確保するために行徳塩田を保護した。
  • だがその一方でこの頃から領国経営に積極的な記録も見られるようになり、後の江戸幕府による小金牧や行徳塩田の経営への萌芽も高城氏統治時代には存在していたと考えられている。
  • だが日清戦争以後に安価な台湾産塩の流入が始まり、更に塩の専売制度が導入されて、政府によって塩の生産調整が行われるようになると、交通・輸送手段の発達も相俟って質の劣る行徳塩田は整理の対象となった。
  • このため、行徳塩田は1910年から翌年にかけての第一次製塩地整理の対象からは外されたものの、1929年から翌年にかけての第二次製塩地整理の対象とされた。
  • 後北条氏が活躍した戦国時代には篠崎街道は岩槻道と呼ばれており、行徳塩田の塩を岩槻城まで運ぶ重要なルートだったと言う。
  • それでも、下り塩は天候次第によって入荷しなくなるリスクを抱えていたこと、徳川吉宗以後再び行徳塩田の保護に力が入れられたこともあり、江戸時代を通じてほぼ3万石から4万石の生産高を維持した。
  • 同じ江戸近郊にあった下総国行徳塩田のように、設置に関する具体的な由緒や江戸幕府とのつながりも持たない塩田であった。
  • 一方行徳塩田などの関東地方の塩田は元々製法や品質などの面による問題もあったが、江戸幕府の直接支配地であった地域が多く、幕府による検地によって1筆が厳密に定められたこともあり、経営面積が1反から3反程度の規模に固定化され、一軒前が可能な規模をもった生産者の誕生を妨げていた。
  • 下り塩問屋は行徳塩田など関東の塩を扱う地廻り塩問屋や塩仲買とともに享保年間に江戸幕府の公認を得て株仲間を組織した。
  • 江戸時代を通じ、幾多の水害をくぐり抜けてきた行徳塩田も、当水害で塩田の堤防が完全に破壊され、東京湾で行われてきた数百年の製塩業の歴史は事実上幕を閉じた。
  • この街道は、江戸時代初期に江戸川河口に位置していた行徳塩田を氾濫による洪水被害から守るため江戸川を広く開削し、その際に葛西側に築いた堤防線の上をほぼ通っている。
  • 左近川に近い行徳塩田は戦国時代から戦略物資の「塩」を生産する重要な土地で、江戸時代には江戸城への補給路として新川が作られた。
  • 元々は、江戸時代に行徳塩田から江戸へ塩を運ぶために掘られた船堀川で、後に水運ルートが南側へと変更となった際、新しい運河を新川と呼ぶのに対して、旧船堀川を古川と呼び残された。
  • 胤吉は北条氏直接支配地域を除く太日河下流域の広範な地域を支配して利根川と東京湾を結ぶ水運を把握したほか、国府台城の城下町である市川や湾岸の行徳塩田なども支配していたと考えられている。
  • 次へ »