行ロ

30 の例文 (0.02 秒)
  • まだ人生の旅路に出ない先からもう彼らは行路に疲れているようだった。 ...
  • 自信のある足取で行路を指揮する権威ある態度の彼は立派な案内者だった。 ...
  • 行路の不安を思ふことはあつても、配処の苦しさや径路を述べもしない。 ...
  • それから先の行路にも、私は生きるといふことの不安を全然感じてゐなかつた。 ...
  • 同一の編成や乗務員で運転される一連の列車の組み合わせのことを行路と言う。 ...
  • なお昼行路線の車両と空港路線の車両はトイレの有無の関係で共用できない。 ...
  • わたしは向上に努める人生行路の端緒に立っているものとばかり思っていた。 ...
  • あんたの人生行路もずいぶん妙なスタートを切ったものだな。
  • 車両運用計画ではまず行路を定め、各行路に実際の編成を割り当てていく。 ...
  • 不思議なるは人生の行路こうろ、誰か自分の運命を知るものがあろう。
  • 到底行路の人を見るやうに僕自身を見ることなどの出来る筈はない。 ...
  • これと似たことが人生行路にもありはしないかと思う。 ...
  • だが僕は我々の果敢ない陽炎にも似た人生行路のことはわきまえているのだ。 ...
  • 昼行便は他の昼行路線と同様の4列シート・トイレつきのセレガが使用される。 ...
  • すでに行路に堪えぬであらう行暮れた愁ひを想像せずにはゐられなかつた。 ...
  • 人間は創造を愛し、行路の開拓を好むもので、それは議論の余地がない。 ...
  • 長谷川久三郎は、どのような行路をたどって江戸へ帰ったのだろうか。 ...
  • そしてお二人の人生行路をすばらしく美しいものにして頂きたい。 ...
  • 人の住んでいる形跡はまったくなく、かれらのたどる行路は道ですらなかった。 ...
  • 後述する交番計画の関係上、行路同士の接続条件が必要となる。 ...
  • しかもこの考え方は、意外なところで人生行路の敵の虚を突いたようなものだった。 ...
  • 新編常陸國誌の六十四行路では、海道が以下の様に解説されている。 ...
  • 行路の安全を祈願するために片袖をちぎって袖の神に供える風習ともいう。 ...
  • 同一の編成が割り当てられて走行する一連の列車の組み合わせを行路または仕業と呼ぶ。 ...
  • 乗務員運用計画も車両運用計画と同じく担当する行路と翌日担当する交番からなっている。 ...
  • そういう人生行路を歩む人物でないことは、ヤンにはわかっているつもりだった。 ...
  • この行路には235マイルの砂漠を含んでいたが、水なしで3日で横断した。 ...
  • 筏を見ては流転が思われ、旅と感じて行路難が犇々と胸に浸みるのであった。 ...