行く手を阻もう

17 の例文 (0.00 秒)
  • しかし彼らは行く手を阻もうとしたオッシュ将軍の軍と衝突してしまった。 ...
  • 廊下のシャッターが行く手を阻もうと、ゆっくりと閉じ始めたのはそのときだった。
  • あの進行方向からして、行く手を阻もうとしているに違いない。 ...
  • 俺の企みが成就するのであれば、誰が行く手を阻もうと、剣は必ず少年の手に還るだろうよ。 ...
  • だれが行く手を阻もうと関係ありません。 ...
  • 創造説は十九世紀までの西欧社会を支配していた考え方で、進化論の行く手を阻もうとした説である。 ...
  • 行く手をはばもう、自分より先んじようとする者を見つけては、ただそれを排斥はいせきしているにすぎない暴徒そのものなのだ。 ...
  • 残されていたガンダム試作1号機に飛び乗り、ガトーの行く手を阻もうとする。 ...
  • まるで誰かが俺の行く手をはばもうとしているような、あるいは警告を発しているかのような暗雲が、降水確率十パーセントだったはずの天を支配していた。 ...
  • とにかく、ダーシヴァ軍はおれたちを追い回すのをやめて、そいつの行く手を阻もうとなだれこんだ。 ...
  • そうこうしているうちに、通行人がプランシェの慇懃いんぎんぶりに感心したためか、それともこんどは青年の行く手をはばもうとする者がいなかったためか、とにかく二人は無事にシャンティイに着いて、グラン・サン・マルタン旅館にはいった。 ...
  • しかしそれは裏を返せば、行く手を阻もうとする悪意のプレイヤーも排除できないということであり、このように通路を塞いで閉じ込める「ブロック」、更には直接数人で取り囲んで相手を一歩も動けなくしてしまう「ボックス」といった悪質なハラスメント行為の存在を許す結果となっている。 ...
  • 彼女に心酔する聡子と奈緒美が行く手を阻もうとするが、春秋と沙耶が加勢に現れ、亮を先に行かせる。 ...
  • 付け太鼓は、起こし太鼓の行く手をはばもうとするが、起こし太鼓はそれをはねのけようと踏ん張る。 ...
  • しかし、方臘征伐戦で董平と共に独松関を攻めた際、腕の負傷で逃げる董平を追う厲天閏の行く手を阻もうとして繰り出した槍が松の木に深々と突き刺さり、抜けなくなったところを厲天閏に突き殺された。 ...
  • しかし、正式なメガロボクサーとして早くから研鑽を積んだ強敵ばかりでなく、市民IDを持たない無力な貧民を無価値な屑と見なす社会的な偏見さえもジョーの行く手を阻もうとしていた。 ...