行き快速列車

8 の用例 (0.00 秒)
  • 東葉高速1000系電車の東葉勝田台行き快速列車が葛西駅を通過する。
  • 普通列車は1時間あたり1本程度が運行されているほか、朝1本のみ湯沢発秋田行き快速列車が運行されている。
  • 本線を走る大半の列車が東京方面と直通する佐倉駅 - 成田駅間の成田空港アクセス列車であり、空港連絡鉄道としての役割が重要視されており、成田空港行き快速列車から接続する成田始発の銚子行き普通列車が設定されているように、空港連絡列車中心のダイヤ編成となっている。
  • かつては、特急「ドリームつばめ」の代替で設定された鹿児島中央駅発最終の川内駅行き快速列車もあったが、現在は普通列車に格下げされている。
  • 現在、朝1本のみ設定されている羽後本荘発秋田行き快速列車は、かつて「こよし1号」として運転されていた列車のダイヤを引き継いだものである。
  • 「みすず」とは別にである岡谷行き快速列車が1本のみ設定されており、停車駅は飯田線の全区間で快速運転を行う上りの「みすず」とほぼ同じである。
  • このうち、朝6時台の秋田行き快速列車は2002年11月30日までこの区間で設定されていた快速「しらゆき」のうちの最速達列車のダイヤを引き継いだものである。
  • アマーシャム行き快速列車はベーカー・ストリート、フィンチリー・ロード、ハーロウ=オン=ザ=ヒルとムーア・パークから先の各駅に停車する。