血液凝固因子製剤

8 の用例 (0.00 秒)
  • 加熱処理した血液凝固因子製剤はある特定の製薬会社一社には保健局が発売を認可したのに、他の数社には発売許可を三年ほど遅らせていたのです。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 西ドイツの血友病患者でつくられている被害者同盟の間では、他の製薬会社五社がこれまでの未加熱処理の血液凝固因子製剤の在庫をたくさん抱えているため、その在庫の品を完売するまで薬事評議委に働きかけて三年間は加熱処理製剤を認可させないようにしたのだと云い合っています。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 薬害肝炎とは、血液凝固因子製剤の投与によるC型肝炎の感染被害のこと。
  • 原因は、ヒト免疫不全ウイルスに感染したと推定される外国の供血者からの血液を原料に製造された血液凝固因子製剤を、ウイルスの不活性化を行なわないままに流通させ、治療に使用したことである。
  • 薬害エイズ事件とは、1980年代に、主に血友病患者に対し、加熱などでウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件である。
  • 自己注射用の注射剤としてはインスリン製剤のほかにヒト成長ホルモン剤やヒト血液凝固因子製剤などがある。
  • 血漿分画製剤は、手術や分娩などの際に大量出血したり、血友病患者で止血しない場合など緊急時の止血などに投与される血液凝固因子製剤と、熱傷などに伴う低アルブミン血症時などに用いるアルブミン製剤や、重篤な感染症などの治療に用いる免疫グロブリン製剤などがある。
  • 血液凝固因子製剤とは、ヒトの血液から血液凝固因子を抽出精製して製造される血液製剤のことである。