蝦蛄

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 食べ役であるところのスバル君は蝦蛄を三十匹以上は食べたはずである。 ...
  • しゃくは蝦蛄ではなく、虫の名といった説もあります。 ...
  • 蝦蛄でも一杯くんねえ。
  • 生ものは無論だが、海老、蝦蛄、蛸のようなグロテスクな形をしたものも絶対に口にしなかった。 ...
  • 引手茶屋の朝飯に帆立貝で蝦蛄しやこを煮る、といった通な遊びを、日がな夜がな続けるうちに、案の定破産してしまった。 ...
  • 灣の南方を、町から當面の出島をかけて、蝦蛄しやこの這ふ樣にずらり足杭を見せた棧橋が見ものだ。 ...
  • 話すごと髭ふれあふて蝦蛄しやこ別る しゅこう シャコはエビやカニの仲間で、全国各地の海岸の砂泥地に棲んでいます。 ...
  • 洗へ妻、蝦蛄しやこのひと籠、 吹く風は緑に煙り、 「時」はよし、照り移るなり。
  • 真ばっかりなら、蝦蛄しゃこだって大好きなんだ。 ...
  • その和子はかくなる歳を、老いづくを、蟹や蝦蛄しやこさもこそあらめど、身の老の、その海老腰の、おのれ知らずて。 ...
  • 釣法は、ポッパーやペンシルを使うトップチヌ、蝦蛄やエビに似せたMリグ、Oリグの主に3つに分類される。 ...
  • せいぜい浜で蝦蛄しやこかにを捕まえるくらいじゃ。 ...
  • 蝦蛄しゃこの爪。 ...
  • あのよろし蟹よ蝦蛄しやこよ、それよこれよ、そをめせ、かくめせとあはれ、中つつき、からほじりあはれ。 ...
  • アワビ東風方斑螺イカ、 タコ、 ウナギ、 ウニ貝、 牡蠣カニ、 ヒトデ、 エビ、 カブトガニアオがメ蝦蛄巴浪魚昔の県委書記であり、当時の東山島で人口が少なくて、島の周囲が砂である。 ...