虚仮

全て 名詞
78 の例文 (0.00 秒)
  • なにもかもが虚仮こけであると念じ、そのためにおとこの姿さえ捨てている。
  • でもお姫さま、この人は結局わたしたちを虚仮こけにしたのも同じですわ。 ...
  • 「どこまでわたしを虚仮こけにするつもりだ」 怒気をはらんだ声が聞こえた。
  • これは仏教の言葉でいえば虚仮こけというのだろうと思います。 ...
  • あの青年がどれだけ青子を虚仮に出来るのか、それがどうにも彼女の興味を引く。 ...
  • は、人のことを愚劣だと虚仮こけにしてくれたが、お前のほうがよっぽどじゃねえか。 ...
  • もともと穏やかで受動的な彼女を虚仮の一念で押し通したような面もあった。 ...
  • こうなることはわかっていながら、ついここまで来てしまった自分が、虚仮こけ阿呆あほうに思えた。 ...
  • なぶられ、もてあそばれ、虚仮にされ、それでも数年間をじっと耐えて待っていたのだ。 ...
  • 気まぐれで虚仮こけにされているのだろうかとも思ったが、その時のお文が伊三次の眼にはただ哀れに見えた。 ...
  • それともわたくしを虚仮こけにしているのかしら? ...
  • ここまで虚仮こけにされたのは初めてだ。 ...
  • それからは自分を足蹴にしたり虚仮こけにしたりした奴らを見かえしてやりたいと、そればかりを考えて生きてきたんですよ。 ...
  • というのは、生そのものが無意味な虚仮こけであるとするならば、生命を保持するための労働が神聖であるわけはないからな。 ...
  • 我が大王の告げたまふところに、世間は虚仮こけだ仏のみれ真なりと。 ...
  • 彼女は、見掛け倒しや虚仮脅こけおどしにだまされない、以上に嫌いでさえあるのだった。 ...
  • 虚仮こけにされた、と思ったのかもしれない。 ...
  • 次へ