蘇る

全て 動詞
905 の用例 (0.00 秒)
  • 死んだ人々をよみがえらせる力があるのに、それを使わないなんて話がある!? 賀東招二『フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)』より引用
  • その時二人の心に蘇ってきたものは「父と子」という遠い感情であった。 豊島与志雄『過渡人』より引用
  • 蘇った殺人鬼は、今夜も犠牲者を求めて夜の街を彷徨しているのだろう。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • この株が蘇った時の葉子の喜びに満ちた表情が浮かんでは消えていった。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • いつの日か、彼を蘇らせる知的生命体がこの星に誕生することを信じて。 ベニー松山『終末をもたらす者 (Sa・Ga FrontierⅡ)』より引用
  • 眼に見えない雲のように、遠い前の世の物思いがだんだん蘇って来るの。 加藤道夫『なよたけ』より引用
  • 復活とは肉体が蘇ることではなく、その心と教えが蘇ることだからです。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編TIPS』より引用
  • 三千万円欲しいという画廊における実感だけが急に彼の心に蘇って来た。 井上靖『崖(上)』より引用
  • いつだったか亡くなった父カウン医師が言っていた言葉が、胸によみがえった。 森瑤子『望郷』より引用
  • そんなことがありうるとは思っていなかったほど明瞭に、記憶が蘇った。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 彼女の作ってくれたカレーライスの匂いが、一瞬蘇ったような気がした。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 島が蘇らせまいとして来たものを、この世に蘇らせるわけにはいかない! 柴田よしき『好きよ』より引用
  • 足を踏み外さないようにと用心する動作は過去の記憶をよみがえらすのだった。 佐左木俊郎『汽笛』より引用
  • それがいま、断片的な記憶情報となって、別の夢の中でよみがえってきている。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 人間、意思の力によって、死の世界からよみがえってくることもできるものだ。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • だから時間がてば、徐々に記憶がよみがえるのではないかということだった。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • こんな化粧忘れのような街を歩くと、びついていたステージ魂がよみがえる。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 明日は今日と同じくらい楽しいと信じていた若い頃の日々が口の中で蘇る。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 侍従長としておそば近くに仕えたころのことが首相には急速に蘇ってきた。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • でも本当に何でもないときに不意に断片的な言葉が蘇ってくることもある。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 次へ »