藍染め

123 の用例 (0.00 秒)
  • かつては阿波藩における生産が盛んであり、現在でも徳島県の藍染めは全国的に有名である。
  • また館内の東寝床では実際に藍染めを体験することができる。
  • 県旗は特に規定されておらず、県の名産である藍染めをイメージした藍色の地に黄色の県章を中央に配置したものが慣例的に使用されている。
  • 鉞子が町で目にする女達の多くが、仕事中でもないのに、藍染めの手拭いをかぶっている。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • しかし時代が進み第二次世界大戦が終わり日本が高度経済成長を迎えると、上記の養蚕業や藍染めなどの文化はほぼ完全に衰退していった。
  • 藍染あいぞめの浴衣を着て、帯を締めると、茶屋勤めの女の姿になった。 藤沢周平『暁のひかり』より引用
  • 現在再び藍染めのよさが見直され、藍の栽培と藍染めを復活させる活動がなされている。
  • 染色の方法は藍染めが基本で、藍色の縞模様が多くみられるが茶褐色などもある。
  • 被害者のめぐみが寝巻姿ではなく、藍染あいぞめの浴衣ゆかたに赤い帯という姿だったことを知ったのは、翌日になってからだった。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • そばに品のいい藍染あいぞめの玉露茶碗ぎよくろぢやわんが二つだけ並んでいる。 半村良『魔女伝説』より引用
  • 藍染めは名前のとおり藍色の染色を行うことができ、色が褪せにくいという優れた特徴を持つ。
  • 藍染あいぞめの稽古着に竹刀を持たせたら、なによりぴったりしそうな。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 母の藍染めの浴衣のくった襟元に、風が入っていったようだ。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • 徳島藩の保護奨励策によって隆盛し、日本の藍染め市場を席巻した。
  • さわやかなあい染めのオーバーブラウスに白いパンツを沙織は着ていた。 阿部牧郎『不倫の戦士たち』より引用
  • 宿所のそばの木立の下に、着古した藍染あいぞめのはかまをはいた深行の姿は簡単に見つかった。 荻原規子『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』より引用
  • ふつう作務衣は藍染めで紺色をしているが、それは草木染めで薄紫色をしていた。 群ようこ『モモヨ、まだ九十歳』より引用
  • これだけのものを、わざわざ作らせたのに当人は気が変ったのか、面倒になったのか、藍染めをする気配もないのでは、奉公人が顰蹙ひんしゆくするのも無理ではない。 平岩弓枝『御宿かわせみ 17 雨月』より引用
  • 元来阿波は藍染めの盛んな地域で、稲作よりも普及していた。
  • 片やまな美はというと、色せた藍染め作業服ジーンズの上下に、栗のかわのような二色がら毛織物セーターを中に着ている。 西風隆介『神の系譜Ⅳ 幽霊の国・解』より引用
  • 次へ »