藍染めの浴衣

5 の用例 (0.00 秒)
  • と亥一郎は母の、細かい柄の藍染めの浴衣をみながらいってみた。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • 母の藍染めの浴衣のくった襟元に、風が入っていったようだ。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • そのまま藍染めの浴衣を翻し、高村はモニターの前に向かう。 万城目学『ホルモー六景』より引用
  • 地味な藍染あいぞめの浴衣から、ぬけるように白い頸が出ているが、着こなしはどことなく野暮で、堅気の女房の感じだった。 藤沢周平『喜多川歌麿女絵草紙』より引用
  • というのも実は高村、学食前で待ち合わせしたときより、京大青竜会に代々伝わるあい染めの浴衣ゆかたまとっていたからだ。 万城目学『ホルモー六景』より引用