藍染め

123 の用例 (0.00 秒)
  • 髪は汗に濡れた藍染めの日本手ぬぐいでちゃんとまとめられている。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • 藍染めの日除け幕から客が切れ目なく出入りして繁昌の様子を見せている。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 付近は藍染めが盛んであった事から、藍染川とも呼称されていた。
  • 黒光りする机には、誰かに贈られたという藍染めの敷物を置いていた。 坂東眞砂子『蛇鏡』より引用
  • 中でも藍商が特に栄え、現在でもこの地方の藍染めは有名になっている。
  • 藍染めを行う時に最初の過程で得られる極めて薄い藍色で、わずかに青い白である。
  • 彼女は尻に、藍染めの布を巻きつけ、窓さきの横材スツールに腰かけていた。 矢作俊彦『東京カウボーイ』より引用
  • また、北海道唯一の藍生産地となっており、市内に藍染め工房もある。
  • 藍染めは奈良時代から続く歴史があり、藍による染色を愛好する人もいる。
  • 藍染めの占者が入都したら教えてくれと頼まれていたんだ。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • タクシーが門の前に停まると、藍染あいぞめの半纏はんてんを着た六十前後の男が出迎えた。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • 日本において江戸時代には多くの藍染めが行われた。
  • この清らかな伏流水を活用して徳島市国府町では昔から藍染めが盛んであった。
  • これらのことから藍染め品は当時の福知山市の特産品であったことがうかがえる。
  • 長い首を傾げ、顎を藍染めの印花布のゆるやかな胸ぐらに埋めている。 原登『村 の 名 前』より引用
  • 元々は、社名が示すように藍染めを行っている会社であった。
  • と亥一郎は母の、細かい柄の藍染めの浴衣をみながらいってみた。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • 二十貫はありそうな身体には藍染めの半纏は窮屈そうに見えた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 京風の柿色の暖簾は以前の藍染めのものより洒落た感じがした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 市内の一部の小学校などでは総合的な学習の一環として、藍染め体験をさせる学校も存在する。
  • 次へ »